2012年01月18日

1月半ばを過ぎ・・・


今朝はカラダの芯まで持っていかれそうな・・・くらいの冷え込み方・・・
昨晩からの高野山の気温。
最低−8℃ ふらふら
最高 4℃ あせあせ(飛び散る汗)  それは寒いわっあせあせ(飛び散る汗)
『凛と・・・』という表現をよく使うけど・・・ジ〜ンっと手先が冷たい。
白い屋根は青空の下眩しく映え、清々しい ぴかぴか(新しい)

お正月から 1月も もう半ば。。。
冬至(1〜5日)から小寒(6日〜20日)へと暦は変わり
一年で最も寒い日とされる大寒(今年は21日〜)を前にして
寒いのも当然かと納得です!

「おばぁちゃんの知恵袋」的な、本で読んだことがある・・・
『大寒の朝の水は一年保存しても腐らない』と言われており、
容器などに入れ納戸に保管するご家庭も 多いとか。。。
取り置きした水は お茶やお料理に使うと美味しく、
薬や酒の原料水に適しているとされ、 無病息災としても
重宝されている。らしい。
この水を「寒の水」と言って・・・ようするに この時期の水は
雑菌が少ないとされることから、地域によっては
寒の水を使用して 味噌、醤油、酒づくりなど、
又お餅をつくる地方もあったりと・・・重宝されているのだそうです。

高野山では? 私が知らないだけで・・・寒の水を汲んで・・・という話も
各家にあるかもしれないけど? あまり、というか・・・
知恵袋(書物)で初めて知った話で 私の身の回りで聞いたことがなかった。

なんだか最近・・・そんな昔から残る習わしを奥ゆかしいと感じる。。。
きっと・・・ 一年を通して、そこに季節を感じ(知らせ)
その土地土地の地域環境が映るのだと思う。
意味があるからこそ伝えられている先人たちの残し伝えること。
「知らないこと」がいっぱい、あるに違いない。。。

高野山では「あぁ〜大寒のころかぁ〜〜」と思う頃、冷たい水の中に入り
お経を唱えて身を清める「寒中水行」が奥の院玉川で行われる。
毎年、宝寿院(奈良県川上村)の信者さんたちが水行場に入り
水中に胸近くまでつかりながら合掌し、一心に般若心経を唱える。 
宝寿院の恒例として、もう55年近く続いているという。
邪念を払い自らの身を清めるために行うとされる。
今年は、1月29日(予定)に行われるそうです!

冷え込んだ浴室で・・・天井に上がった湯気が雫たらーっ(汗)となって
洗い場でいる背中にポトッと、冷たく落ちてくるときどんっ(衝撃) ありませんか???
それさえ、ヒヤッとどんっ(衝撃) 顔を歪めるがく〜(落胆した顔) 私には
凍るような水の冷たさや空気を気合で吹き飛ばす“行”に ひたすら頭が下がります。
水行を見学されている方々が、水行される その姿に合掌されるほどの気合です。



posted by べっぴん❶号 at 13:15| 和歌山 ☀| 日々是好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

事務所改装中!


連日、キ〜ンと寒い冷え込みが続いておりますたらーっ(汗)

そんななか・・・大工さんたち、ご苦労様です!
と、いうのも…

新年明けて この11日から観光協会【中央案内所】1階スペースを
リニューアル改装することになりまして・・・毎日極寒のなか作業してもらってるんです。
私たちは仮スペースの事務所とはゆえ、暖房あるところで何だか申し訳ない気がしたり…

また、お客様にも御迷惑をおかけしております。
案内所業務は、千手院当観光協会の本近く(徒歩1分)に
“さんぼう”というお食事処がありまして。。。
そのお隣にて、仮設案内所として営業いたしております。。。
DSCN2401.JPG

DSCN2402 1.JPG

なお、本来の2階スペースでは、事務所として通常に業務を行っております。
何かと皆様には、大変ご不便をおかけしておりますが、今しばらく、ご理解・御協力よろしくお願いいたします。


posted by べっぴん❶号 at 16:26| 和歌山 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

仕事初めです!


新年あけて・・・2日夕方から又雪が降り始めました雪
元旦から日直営業しておりました我が社も
改めまして・・・本日が仕事初めです。

早速 朝から雪かきで始まりました!
雪かきしても数十分後には・・・
DSCN2390.JPG
シンシンと降り続いています。。。
スカイラインは、本日全面通行止めとなっています!

さぁ〜 お正月気分もそろそろ切り替えて・・・
今年も仕事がんばるぞぉ〜 わーい(嬉しい顔)exclamation×2


posted by べっぴん❶号 at 10:42| 和歌山 ☔| 天気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

2012年 元旦!


明けましたぁ ぴかぴか(新しい) 2012年 ぴかぴか(新しい)

あけましておめでとうございます るんるんるんるんるんるん
DSCN2374.JPG

新しい年を迎え・・・元旦、高野山は快晴です。
昨年クリスマスに降った雪が若干凍って所々に残って・・・
冷え込みもありますが、昨年のお正月は豪雪だったので
それを思えば、過ごしやすい好天です。。。

今朝、新聞でこんな記事を見つけました。
今年当たり年の『タツ年』は、昨年まで水の底に潜んでた人が
多かったようですが、今年は一転してぴかぴか(新しい)昇り龍ぴかぴか(新しい)として
大きく開運の兆しあり!
今まで沈んでいた人ほど運気が大きく伸びるチャンス! ですって!(^^)!
全く予期せぬラッキーに恵まれることがあるそうですよ!!!

もしかして・・・もしかして・・・
早く宝くじを 目 確認してみてはわーい(嬉しい顔)

ちなみに私は、酉年でして^^;
酉は酉でも・・・バタバタ鳥と言われたりもしますがふらふら
その新聞によると・・・酉年の今年の運勢・・・こんな事が書かれていました!
昨年は、後始末に追われる年だったのでは?!
今年は大きいトリも、小さいトリも、それぞれに勢いよく
飛び立つ時。エサの多い年。意外に良いエサにありつけて喜べるか
チャンス到来の年となるでしょう・・・

??? エサって? 食に恵まれるってことかな?
・・・ということは・・・美味しいのもいっぱい食べて〜太る?!
既に年末年始と暴飲暴食どんっ(衝撃) 食べすぎ注意にありますたらーっ(汗)

余談はさておき、皆さんも穏やかな新年をお過ごしの事と思います。
干支にかかわらず、皆さんが昇り龍のごとく飛躍の年となりますように!

今年もどうぞ「こうやさん便り」を宜しくお願い致します。
そして、ぜひ高野山へ、皆様のお越しをお待ち申し上げます。



posted by べっぴん❶号 at 14:30| 和歌山 ☁| 日々是好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

修正会(1/1〜1/3)


高野山は、朝から町中で除雪カーが活動してくれています!
DSCN2369.JPG

冬の高野山はこんな光景がしばしばデス!
DSCN2370.JPG

寒いなか・・・ご苦労さまです!

何かと気ぜわしい師走、今年も色々な出来事がありました。
日本では、3.11 東日本の大震災が人々の心に忘れられない
出来事となりました。
又、その出来事を乗り越えるために・・・
救援、救済・・・ 復興に向かって たくさんの人の心が動いた年でも
あったかと思います。今年の言葉ともなった【絆】。
来年は日本中が元気で笑顔いっぱい溢れるくらいの
素晴らしい年となりますように。。。

さて、本日が今年最後のブログとなりそうです。
新年(お正月)の高野山行事をご案内しておきます。

◎ 修正会(しゅしょうえ) ◎
 
■「修正会(しゅしょうえ)」とは
修正会とは・・・
“正”月に“修”する儀式であることから“修正会”といわれます。
もともと、仏を礼拝して罪過を懺悔することにより、除災招福・五穀豊穣
国家安穏を祈る、悔過(けか)と呼ばれる儀式だったようです。
実りの象徴となる鏡餅をお供えして感謝の心を表し、あらためて新年の
天下泰平・五穀豊穣などを祈願するものとされています。

元旦〜3日 伽藍金堂・奥之院燈籠堂
   5日 伽藍大塔   いずれも午前9時より


詳しくは下記をご参考に!(^^)!
http://www.koyasan.or.jp/kongobuji/event/syusyoue.html

今年1月末から始めた このブログ“こうやさん便り”。
高野山の色々な情報を少しでもお届けしたいと始めたブログです。

時々、店頭にお越しいただいて「こうやさん便り読んでますヨ!」
「ブログ更新されている方は、どなたですか?」
「楽しみにしてるから続けて下さいネ!」なんて・・・
嬉しいお声をいただきます ハートたち(複数ハート)
いつも覗いて下さって有難うございます わーい(嬉しい顔)揺れるハート
これからも微力ながら・・・私たちが誇る高野山の魅力を
出来るだけ多くお届けしたいと思います。

皆様にとって 素晴らしい年となりますよう
高野山よりお祈り申し上げます。ぴかぴか(新しい)良いお年をぴかぴか(新しい)

posted by べっぴん❶号 at 10:42| 和歌山 ☀| 高野山の行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

除夜の鐘(高野四郎)


高野山上は、昨日に引き続き 雪景色 雪
12/26 午前11時30分現在、この通りです ↓↓↓↓↓
DSCN2366.JPG

この雪に包まれたまま 新年を迎えるのかな。。。
ゆく年、くる年・・・ 今年も残すところ数日となりましたね。
足元は、サクサク足 足時にベチョッと どんっ(衝撃)少し厄介な感じだけど・・・
凛とした張りつめた空気のなかシンシンと降り積もる夜の雪は
聖地ならではの静寂な時の流れを感じる。

大晦日、新年を間近に迎える23時30分になると
一年を振り返るように、ゆく年を除夜の鐘が刻む。。。
「※ 高野四郎(こうやしろう)」。これは、鐘の名。
壇場伽藍境内に大きな鐘があります。

私たちの108の煩悩をひとつひとつ除き、仏様の功徳に感謝し、
平和な気持ちで新年を迎えたい。
何事にもひとつ、ひとつ、意味があるのだと納得。。。
高野四郎は、「大塔の鐘」とも呼ばれます。
ただし、この除夜の鐘を打つのは、一般参加不可で見学のみとなります。

伽藍で除夜の鐘の音を聞きながら・・・
ムード ゆく年に感謝し、幸福を来る年に祈りながら・・・ 
そのあと、お大師様御廟へと・・・お参りする。。。
そんな年越しもいいものです。

ただし、かなりの防寒で!!!

日  時  大晦日 12/31 23時30分〜
一般参加  一般参加不可。見学のみ
料  金  無 料

ちなみに・・・マメ知識!

【高野四郎】
この梵鐘は、日本で四番目に大きな鐘であった事から高野四郎と呼ばれて
います。現在の銅鐘は天文十六年(1547)に完成したもので
直径2.12メートルを誇るといわれています。


posted by べっぴん❶号 at 13:01| 和歌山 ☁| 知っ得情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

ホワイト クリスマス!


シンシンと雪が・・・降っています 雪 昨日から降り積もり・・・積雪15aくらい。。。
まさしくホワイトクリスマス クリスマスクリスマスクリスマス

・・・雪かきの季節がやってきた!
まずは朝から家の前と出勤前の車の雪除け・・・
会社に出社後は、事務所まわりの雪かきを・・・ 結構、パワーがいる ダッシュ(走り出すさま)  
只今の高野山(12/25 AM11:00)↓↓↓ 千手院付近です!
DSCN2365.JPG

DSCN2363.JPG

そもそもX’masって・・・かわいいクリスマスケーキを食べて、チキンを食べて・・・
賢くしてるとサンタさんからプレゼントプレゼントがもらえて・・・みたいな。
思えば・・・ 私の記憶が確かならば・・・ 目exclamation&question
我が家は実にリアルな教育だったのか???
枕元に靴下を置く習慣も親に教えてもらった記憶がない あせあせ(飛び散る汗)
サンタさんが寝ている間に来てくれたようなメルヘンチックな
シチュエーションもなかったかも どんっ(衝撃) 実に現実的な家だった!

そもそもクリスマスは冬至から始まる・・・二十四節の一つで
太陽が冬至点に達して北半球では一年のうちでも最も昼が短く
夜が長い日。太陽暦の12月21日か22日にあたり、この日から
昼が長くなるため 昔から世界各地で太陽の暖気と春の季節を
呼び寄せる儀礼が行われたといわれる。
クリスマスも元来は、この冬至の祝祭に由来しているそうです。
太陽の活動が盛んになる冬至を誕生日と考え、それをキリスト教徒が
イエスの誕生日に移したのが始まりとして伝わったようです・・・

日本でも冬至の夜に神聖な旅人が村々を訪れ「一陽来復」をもたらす、
奇跡を起こす=家々を回って福を授けるぴかぴか(新しい)という伝説が多く残っていて
これはサンタクロースを彷彿とさせます。
ちなみに、この旅人は弘法大師空海だったとして伝わるところが多いそうです。

聖者の教えは違うかもしれないけど。。。
お大師様の姿を和製サンタさんに想像してみたら。。。
お大師様が村に訪れることを楽しみに待った子ども達が
むかしむかしにも たくさん居たことでしょうね。。。 



posted by べっぴん❶号 at 11:20| 和歌山 ☀| 天気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

当たり前の幸せ。


最近、誰かと顔をあわせば第一声がほぼ決まって「寒いなぁ〜」となる。
今朝9時00分の気温は 1℃! 午後からは少し日が射した。
今日も何度か、「寒いなぁ!」が挨拶がわりだったような。
冬は寒い、夏は暑い!
四季がある日本では「当たり前」のことなのに・・・

この間、震災で被災された方がこんな話をされていました。
これまで感謝せずに当たり前のように使ってきたもの・・・
生活にはかかせないもの、ひとつ、ひとつへの有難さ! 
この震災で、水や電気の大切さをどんなに知ったかと・・・
本当に大勢の方がそうだったと思う。。。

お風呂、洗濯、クーラー、ストーブ、炊事・・・
被災地で猛暑を乗り越え、機械に頼らず暑さを凌ぐことをいかに考えたか。
光の採り入れ方や風の通り道、家具の置き方、簾の使い方・・・
工夫次第で、試してみると、快適ではないけど“それなり”に
機械では得られない「清涼感や温もり」を感じ、これまで感じた事のない
喜びを得ました。って・・・

考えると、いつ、自分たちがそんな体験をするかもしれない!
当たり前に使っていた水や電気、もちろん、あるに越したことはない。
けど、不便さ故に創意工夫することで得られる「幸せ」。
例えば・・・ 冬の朝、布団から心地よい温かさを名残惜しく出る。
究極に寒くなったら、文明の力をお借りする^^;
昔には、囲炉裏だったか、暖炉だっただろうか、
やがて点火式のストーブになって・・・ ファンヒーターに進化して・・・
そのファンヒーターにはタイマーという便利なものがある!
ストーブは賢く、目覚める少し前に部屋を温めてくれている。。。
極寒な冬でも、布団から快適に飛び出せる・・・ 
ストーブが普通に使える環境が何より感謝なのに・・・
タイマーが!目覚める私より先に!部屋を温めるよう働いて!
当たり前に使いこなしてはいるが、ふと、これを・・・
「幸せ」以外のなにものでもないと感じられるか、どうか?!

寒ければ、部屋を温められる環境にあることが第一の幸せなのに
更に、その上の贅沢?便利機能をフル活用している^^; 
自分が目覚めて、布団から出てストーブを点けて・・・
部屋が暖まるまでの時間を省略! 快適さを求める。

だからといって、あらゆるモノが便利になった現状の、
機能備わった優れものに頼らず!とはいかないのが人間(私)で・・・
おそらく、我が家のファンヒーターは、この冬も
私が目覚める少し前から活躍してくれることだろう、と思う^^;

人間が作るものによって、便利が進化し、当たり前の度合いも
高上し、何か不備が生じたときの不憫さや不満の底レベルというか
水準が高くなっているのかもしれない。

今日は、なんとなく仕事に全く関係ないアップとなりました わーい(嬉しい顔)


posted by べっぴん❶号 at 17:00| 和歌山 ☀| 日々是好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

終い弘法!


今朝も冷え込み、朝9時00分の気温0.5℃ たらーっ(汗)
布団から起き上がるのに気合がいる季節です パンチ
天候は良好!
この凛と張りつめた空気が高野山らしさ!とも思いながら・・・
事務所では、年末の大掃除に取り掛かり・・・ 
この寒さが大掃除を億劫にさせてくれます ふらふら
毎年、暮れに思うこと → 家でも会社でも、毎日毎日の常日頃に手抜きさえ
しなければ、気合まで入れた大掃除をする必要がない。。。
・・・のだけれど、それが出来なく、毎年同じことを思うだけの繰り返し!
終いには「大掃除しなくても、お正月は来るやんどんっ(衝撃)」なんて事を
思ったりもする わーい(嬉しい顔)
いやいや、一年の締めくくりは綺麗サッパリ、心新たに! ですよね。。。
うん、やっぱり今から気合入れて事務所の大掃除しよっダッシュ(走り出すさま)

そういえば、何度もこのブログでご紹介している「毎月21日のお大師様の日」。
こちらも一年の報恩を心清らかに・・・。
弘法大師空海の命日である21日(祥月命日は3月21日)を毎月お大師様の日として
特に一年最後の12月21日を「終い弘法」、年初めの1月21日を「初弘法」といいます。

今月は、終い弘法。
前夜(20日)のお逮夜ナイトウォークはお薦めですよ!
個人で21日に報恩廟参されるも良し!
一年の様々なことへの感謝と新しく迎える年の幸福を願って
奥之院へ参拝されてはいかがでしょうか。。。

お逮夜ナイトウォークの詳細 ↓↓↓↓↓
 http://www.shukubo.net/contents/news/discription.php?seq=52 

posted by べっぴん❶号 at 09:50| 和歌山 ☀| 知っ得情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

高野山開創1200年記念に伴い・・・


今朝目覚めると雪が薄っすら、外は完全に冬の空気。。。
ニュースでも全国的に真冬並みの寒さを記録し
この冬一番の冷え込みになった所が多いとか・・・
この間も「この冬一番」の寒さと、言っていたけれど
更に「この冬一番!」。こうして・・・私の苦手な寒い寒い真冬に突入バッド(下向き矢印)
週末は、冬型の気圧配置が続くようです。
朝から事務所では、道路状況の問い合わせ 電話 が多くなっています。
高野山へのご来山は、お車の場合は冬装備で!
スタッドレスタイヤ、もしくはチェーン携帯で安全に備えて下さい!

さて、今日は間近に行われる「カウントダウン」のお知らせです。
カウントダウンとはゆえ、年越しのカウントダウンではありませんー(長音記号2)
来る12月19日(月)大阪は難波駅にて 高野山開創1200年記念大法会
『1200日前カウントダウンセレモニー』が開催されます。

平成27年に執り行われる『高野山開創1200年記念大法会』に向け
その1200日前となるのがこの12月19日なのです。
総本山金剛峯寺では、何年も前から法会を迎える準備が粛々と進んでおります。

弘法大師空海によって高野山が開かれ、1200年目の節目となるのが平成27年。
その昔、昔。。。お大師様は、都の賑やかさから離れ・・・どんなお気持ち、
お考えで・・・どんな風に・・・ここ高野山へ足を運ばれたのでしょう。

高野山を開創された最大の理由は、真言密教の修行道場の建立。
大自然に包まれた深い深い山の奥へ・・・
この高野山こそが、真言密教の修行に最適な場所と定められた1200年前。
その後、1日、1日と刻まれた時間。歴史と文化が育まれ・・・
今ここに大勢の方々が訪れ、聖地高野山が確立した時を考えるだけで尊いです。

カウントダウンには、イメージキャラクターで大活躍の“こうやくん”も
登場するようですよ わーい(嬉しい顔)揺れるハート
皆様、お揃いでお出かけください。
詳しくは こちらを ↓↓↓↓↓ 
 http://www.koyasan.or.jp/feature/news/111215.html


posted by べっぴん❶号 at 10:26| 和歌山 ☔| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

冬到来!


どんな、どんなに久々の更新でしょうか ふらふら
10月末から全く更新出来てなかった たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
決してサボっていたわけではなく・・・ 諸行事が次から次へと続くなか
ブログ更新するタイミングをなくしてしまっていました。

11/3日の錦秋大伽藍お練り法会のことや
11/5〜6日ヴェトロモンターニャ2011 のこと。
あと、この秋2回開催した得々参拝シリーズ 招福「宝来づくり体験プラン」のこと。
たくさんアップしたいことがあったのだけれど。。。
特にヴェトロモンターニャ2011 は、今年20周年を迎えた記念大会で
大勢の方が密着取材のように各方面で記事をアップして下さって
本家本元の事務局が今更ながら・・・になってしまった わーい(嬉しい顔)
撮りためた画像は また追々と何かの機会にご紹介することに わーい(嬉しい顔)

そんなこんなしている間にカレンダーはラストの1枚、12月になって
師走の気忙しい頃になってきました。

今朝の高野山は、今年一番の寒さ!!!
雪がチラチラ、路上に積もるまではないけど 薄っすら屋根が白くなり
いよいよ、高野に冬到来 雪
11月に軽〜い粉雪が少し舞った、それを初雪と記録したけど
屋根を白くした雪は、今日が今日が初めてです。。。
DSCN2356.JPG

現在は路上に積雪はありませんが、気温が上がらず今後凍結の恐れが
あります。
高野山へは、スタッドレスタイヤ等を装備いただくことが安心です。
DSCN2357.JPG
(12/9 午前撮影:千手院橋付近)





posted by べっぴん❶号 at 10:29| 和歌山 ☁| 天気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

ヴェトロモンターニャ祝20周年


久しぶりの更新です。
ただいま、わたくし、個人的にも・・・ヴェトロモンターニャを
直前に控え、準備の追い込み真っ最中。
今年の ヴェトロモンターニャ2011 は、記念すべき20周年 モータースポーツ ぴかぴか(新しい)

世界に誇る高野山・熊野に自動車史を彩った世界の名車73台が集結。
展示、走行会を実施します。
高野山を主会場とするクラシックカーの祭典「ヴェトロモンターニャ」。
悠久の歴史が生きる「紀伊山地の霊場と参詣道」と古典自動車の出合い。
今から20年前(1992年)、千年以上もの歴史に育まれた聖地・高野山と
旧き良きかたちをかたくなに守り続けるクラシックカーとの融合に
夢と浪漫を抱き、古い文化から学び、守り、その環境を後世に伝えようと
する人々の情熱から「ヴェトロモンターニャ」と名づけられ産声をあげた。。。
振り向けば、もう20年。大勢の皆様にご支援いただき・・・
本年は、ヴェトロ成人の大舞台です。
毎年エントリーいただく K・K氏、毎年のことながら
素敵なポスターを書いて下さいました。 ↓↓↓
DSCN2303.JPG

今年は、私たちのふるさと和歌山で先般の台風12号により大被害が
あった熊野本宮地方へ。
高野と熊野の強い絆のもとに開催を続けてきたヴェトロにとって
思い出深い大切な熊野本宮へ。
少しでも元気をお届けできたらと・・・参加者の皆さんとともに
ひとつのイベントを通じ、何か出来ることはないか、熱い思いをのせ
『だって高野が、熊野が好きだから』。開催します!

数日の少しばかり冷え込んだ空気が木々の葉っぱを紅く染めてきました。
今秋の紅葉、なんとなくマバラな?! うぅ〜ん?!
わずか数`の町のなか、場所によって紅葉の色づきが全く違うせいか?
例年に比べ、早い or 遅い・・・そのあたりが判断しにくい。
事務所裏の銀杏の木もこんな隙間だらけ・・・
DSCN2304.JPG

色鮮やかな黄色。キレイの裏側にぎんなんの匂いが バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
ただいま、ピークですあせあせ(飛び散る汗) この香りさえなければ・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
もっと、扇形の銀杏の葉っぱを拾ってみたりなんかして。。。
秋を風流に楽しめるのに。。。そう思う今日このごろです。


posted by べっぴん❶号 at 11:00| 和歌山 | 高野山の行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。