2011年10月30日

ヴェトロモンターニャ祝20周年


久しぶりの更新です。
ただいま、わたくし、個人的にも・・・ヴェトロモンターニャを
直前に控え、準備の追い込み真っ最中。
今年の ヴェトロモンターニャ2011 は、記念すべき20周年 モータースポーツ ぴかぴか(新しい)

世界に誇る高野山・熊野に自動車史を彩った世界の名車73台が集結。
展示、走行会を実施します。
高野山を主会場とするクラシックカーの祭典「ヴェトロモンターニャ」。
悠久の歴史が生きる「紀伊山地の霊場と参詣道」と古典自動車の出合い。
今から20年前(1992年)、千年以上もの歴史に育まれた聖地・高野山と
旧き良きかたちをかたくなに守り続けるクラシックカーとの融合に
夢と浪漫を抱き、古い文化から学び、守り、その環境を後世に伝えようと
する人々の情熱から「ヴェトロモンターニャ」と名づけられ産声をあげた。。。
振り向けば、もう20年。大勢の皆様にご支援いただき・・・
本年は、ヴェトロ成人の大舞台です。
毎年エントリーいただく K・K氏、毎年のことながら
素敵なポスターを書いて下さいました。 ↓↓↓
DSCN2303.JPG

今年は、私たちのふるさと和歌山で先般の台風12号により大被害が
あった熊野本宮地方へ。
高野と熊野の強い絆のもとに開催を続けてきたヴェトロにとって
思い出深い大切な熊野本宮へ。
少しでも元気をお届けできたらと・・・参加者の皆さんとともに
ひとつのイベントを通じ、何か出来ることはないか、熱い思いをのせ
『だって高野が、熊野が好きだから』。開催します!

数日の少しばかり冷え込んだ空気が木々の葉っぱを紅く染めてきました。
今秋の紅葉、なんとなくマバラな?! うぅ〜ん?!
わずか数`の町のなか、場所によって紅葉の色づきが全く違うせいか?
例年に比べ、早い or 遅い・・・そのあたりが判断しにくい。
事務所裏の銀杏の木もこんな隙間だらけ・・・
DSCN2304.JPG

色鮮やかな黄色。キレイの裏側にぎんなんの匂いが バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
ただいま、ピークですあせあせ(飛び散る汗) この香りさえなければ・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
もっと、扇形の銀杏の葉っぱを拾ってみたりなんかして。。。
秋を風流に楽しめるのに。。。そう思う今日このごろです。


posted by べっぴん❶号 at 11:00| 和歌山 | 高野山の行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

第8回 お逮夜ナイトウォーク!


今月のお逮夜ナイトウォーク、夜参りのお知らせを忘れてました。

お大師さまが高野山奥の院に御入定された旧暦3月21日ということより
毎月21日はお大師様の日(命日)とされ、月一度の報恩日です。
その日に是非おすすめしたいプランも ドサクサでご紹介しておきましょ^^;
宿坊でお気軽に昼食(精進料理)を!月一度のお得に優しい『報恩プラン』
今なら未だ御予約が間にあいますよぅ〜
詳しくはsoon http://www.shukubo.net/contents/plan/#5

そして、そして、その前夜を『お逮夜(おたいや)』として
みんなで毎月奥の院一の橋から夜参り(ナイト・ウォーク)をしています。
9月は、雨の影響で残念ながら中止となりましたが
今月は予定通り20日夜に実施します。

秋の夜空、星月夜。下弦の月に照らされ御廟へ。。。
知ってる人、知らない人、皆んな一緒に歩き奥の院へ参拝しましょう

★ 9月に台風12号の豪雨が巻き込んだ和歌山県南部の大災害。
和歌山は私たちのふるさとです。被災者追悼ならびに
その地域の復興を祈念してお参りしたいと思います。

みなさんが個々に想うこと、夜の奥の院で心静かに。。。
お大師さまに祈り、帰る道、深呼吸してみてください。
心にスッと澄み切った空気を吸い込むと、カラダがリフレッシュされ
何とも、穏やかな時間を過ごしたような豊な気持ちなる・・・私です。

お逮夜ナイト・ウォークは たくさんの目的を持って開催します!

◎日  時:10月20日(木) 午後7時00分〜約2時間
◎集合場所:一の橋 表参道入口(最寄バス停:奥の院口前)
      ※ 高野山観光協会 一の橋案内所へ時間までにご集合下さい。

★今月も総本山金剛峯寺さんの特別なご協力を賜り、奥の院燈籠堂の
夜の内拝が出来ます。皆さんとともにお経を唱えます。 
どうぞ、お一人でも多くの方のご参加をお待ちしています。



posted by べっぴん❶号 at 14:38| 和歌山 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋めいて・・・


ここ数日は暖かな陽気で。
一時期の気温の低下も和らいで過ごしやすかった。

今朝のニュースだったか・・・また寒くなる方向の話しが聴こえて
きたような・・・。北海道稚内では昨晩初雪を観測したらしい。

個人的には寒さは苦手、だから冬は嫌い。
でも高野山の雪景色は好きだから、今時期の暖かさのまま
雪が降ればベストだと、いつも思うけど 残念ながら
暖かければ雪など降るわけがない(^.^)
いつだったか、もう10年くらい前・・・
紅葉真っ盛りの11月に雪が降り、雪景色に鮮やかに真っ赤な紅葉が
映えた珍しい光景をみたことがあった。
それは、確かに寒かった日のこと。
やっぱり秋は秋らしく、冬が冬らしくじゃなければ・・・
夏に桜が咲いても情緒がないですよね〜。

今朝、事務所近くのイチョウとモミジをカシャっと撮ってみました。
少し紅葉が始まった様子。同じ高野山内でも日当たりのせいか
場所によって色づきもまばらです。。。
DSCN2290.JPG

DSCN2288.JPG

衣替えっていうのは、10月1日ですが。
(年寄りみたいなこというけど^^;)近頃は・・・冬の半袖、夏のブーツは
当たり前の・・・季節感よりもファッション優先の時代みたいな・・・

おもしろい記事がありました。

◎服装の心得◎

その日の「最高気温」を基準にして 22℃〜20℃…半袖と長袖の分かれ目。
20℃〜15℃…秋物のセーター、または1枚羽織るものが必要。
15℃以下〜 …冬服に着替える目安。
ちなみに、コートやブーツは「最低気温」が10℃になった頃を目安にすると
よいとか。最低気温が5℃になったらマフラー、手ぶくろを使いましょう。
って。

高野山、本日の最高気温15℃、最低10度。
と、いうことは冬服の域になる。

私的に・・・普段は肌感覚でしか考えたことないけど、
例えば旅行に行く先の気温が分かれば、旅先での服装を準備する目安にもなって
分かりやすい服装の心得ですね。
「今、高野山はどんな服装で行けばいいですか?」と季節の変わり目には
お客様から多いお問合せ。この心得を参考にお答え出来そうです。


posted by べっぴん❶号 at 12:11| 和歌山 ☁| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

宝来(切り絵)つくり体験


高野山もすっかり秋めいてまいりました。。。

もう来る年のお話しをしても鬼が笑う季節ではなさそうです^^;
新年に向かって早々のご準備をされてはいかがでしょうるんるん

昨年も好評に開催させていただいた 得々参拝シリーズから
『招福・宝来つくり体験』 とセットされたプランぴかぴか(新しい)

本年も開催いたします。ただいま予約受付中exclamation×2

『宝来(切り絵)』とは、一般でいうしめ縄のような縁起物です。
この地域、高野山では昔からお米が獲れなく藁がなかった事から
絹や紙に切り絵をしてしめ縄の代用にしたのです。
図柄は主にその年の干支、壽、宝珠。
来年の干支は「辰」で見本をご紹介しますと。。。
↓ ↓ ↓ こちらが本年の図柄!!!
宝来辰.JPG

「寿」は こんな風に ↓↓↓
宝来2.jpg

おめでたい模様を切って一年中部屋にはるのです。
もちろん、我が家でも年末の大掃除が終わって・・・
お正月のお飾りをする時には、迎える年の招福を祈り張替えします。
師走の贈り物としても縁起物とされ喜ばれています。

今年は、3月に発生し日本を襲った未曾有の東日本大震災に始まり
私たちの和歌山では南部を中心に大被害をもたらした台風12号による
大災害と・・・悲しいニュースが多い年でした。
来る年が明るく幸あふれた時間になりますように。。。
心静かに新年の招福を祈り、自らの手で縁起物とする
お飾りを作る体験を高野山からお薦めします るんるんるんるんるんるん
心を静か〜に。。。切り絵作成中は不思議と心が無になるんです。。。
新年の招福を祈り有意義な時間を過ごすのも Goodですよ!

詳しくはHPをご参考に!
http://www.shukubo.net/contents/plan/#3


posted by べっぴん❶号 at 14:33| 和歌山 ☔| 知っ得情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

女人道


暦は 今日から又3連休。。。
土日プラス10日が体育の日。
天気予報によると、この連休は晴れマーク。

今日は・・・やっぱり朝から平日とは違う人通り。
最近は身軽なリュックに、スニーカー姿の方が多い。
ぶらり、ぶらり、歩いて散策するには
この少しだけ冷たい秋風が心地よい季節です。

四季折々という言葉があるけど、本当に季節によって
山々の表情は変わる。。。
その場所の空気も香りも変わるような気がする。。。

歴史の宝庫・高野山には、たくさんの名所があって
参詣、観光の所用時間は もちろん人それぞれ興味の
度合いにもよりますが。。。4〜5時間程度でぐるっと
ひと回り出来ます。
何度訪れていただいてもチョッと目線を変えると違う
魅力発見があったり・・・
こんな季節には、高野山周囲の山歩きもGood!

コースは幾つかあるけど・・・こんなコースはいかがでしょう?

◆女人道めぐりコース◆
高野山は、明治の初めまでは女性が高野山内に入ることが
禁じられていました。
そのため、高野山の各方面入口には女性のためのお籠り堂として
女人堂(にょにんどう)という お堂がつくられ、
女人信者は弘法大師御廟を拝みたいと 八葉蓮華の峰々をめぐる
女人の道(女人道)をたどったと云われています。。。

現在は、不動坂口のみに『女人堂』として お堂が残っていますが
その他の入口には お堂は残っていなく「女人堂跡」とされています。

自然豊かに昔の面影をとどめている道を・・・
歴史を感じながら・・・
むかし、むかしの女性がどんな事を胸に思い
その道を歩いたのか・・・ 
ゆっくりと景色を楽しみながら歩かれてみてはどうでしょう。。。

詳しくは 高野山観光協会HPを ▽▽▽
 http://www.shukubo.net/contents/exeperiences/img/map02.pdf

 
posted by べっぴん❶号 at 13:40| 和歌山 ☀| 高野山散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

明神社秋季大祭


あんなに暑かった夏も すっかり秋を醸しだしてきた。。。
秋といえば・・・読書の秋・スポーツの秋・・・
この間から行く先々で ふんわり漂う風の香りに秋を感じた
キンモクセイの優しい香り〜。これも秋のにおい。。。
行楽には色々あるけれど。
やっぱり!これが一番かな!食欲の秋 わーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)
実りの秋と云われるだけに美味しいものが一杯!!!
ご飯がご飯がススムクン。。。体重計がこわぁ〜い季節ともなる ふらふら

余談はさておき、秋には祭事も多いですよね。
だんじり祭に、御神輿に・・・
夏祭りとは又違う感じの その地域地域で昔から伝承された風習に
のっとり・・・実りの秋というだけに五穀豊穣を祈って、
お祭りすることが多いイメージがある。

高野山の秋祭りは、毎年10月16日です。
まず、高野山にも神社があるのを皆さんはご存知でしょうか。。。

高野山 開山の折りに まず諸堂が立てられ壇場(だんじょう)となった
大伽藍。壇場は奥の院と並ぶ高野山の二大聖地です。

その大伽藍を奥ゆくと御社(高野明神社)があります。
高野山を守護する山の神、地主神を祀るため壇場の諸堂のなかでも
最初に建立されたといいます。御社の祭神は、山の神である丹生都比売命と
丹生都比売命を祀っていた狩人、狩場明神(かりば みょうじん)です。
狩場明神は白と黒の二匹の犬を連れた狩人の姿で現れ、
弘法大師を高野山に導き開山の手助けをしたと伝えられています。

御社に祀られた後に、高野明神とも呼ばれるようになったそうな。。。
丹生都比売命も狩場明神も、高野山一帯の豪族だった丹生氏の氏神だと
言われ、丹生氏が弘法大師 空海を助け、高野山を開山したおり
丹生氏の氏神を高野山の守護神としたものだとされます。

この御社の社殿は1594年の再建で重要文化財に指定されています。

◆ 一の宮 丹生都比売命・気比明神
  二の宮 高野明神(狩場明神)・厳島明神
  三の宮 十二王子・百二十伴神
 
★ 明神社秋季大祭 ★ 
  10月16日 午後12時30分 伽藍明神社


高野山の地主明神である高野明神の年に一度の大祭です。
明神社前にて法要の後、地元中学生の神輿が山内を練り歩きます。
大もち投げもありますよぉ〜。
お餅を授かり“福”をおモチ帰ってください わーい(嬉しい顔)


posted by べっぴん❶号 at 12:14| 和歌山 | 高野山の行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。