2011年06月29日

モリアオガエル!


これっ、何か分かりますか???
DSCN0797.JPG

なにか? 木々の枝に・・・
悪くいえば、水浸しのテッシュが引っかかったような
ビミョウ〜に気持ち悪いか・・・ ふらふら
良く言えば、わた菓子にも見え・・・わーい(嬉しい顔)
DSCN0803.JPG

実は、これが『モリアオガエル』の産卵 たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
自治体によっては「天然記念物」に指定されている場合も
少なくないらしい。。。
でも、高野町では指定までは・・・されていません。

北方系のモリアオガエルは、池に張り出した樹上に産卵すると
いう珍しい生態を持っています。

高野山では、身近なカエルですが産卵の風景は・・・
季節の限りある時期に珍しい様子です。。。
こっそり、下(池の中)を覗いて見たけど
“おたまじゃくし”は、発見できず・・・・・
DSCN0798.JPG

とても神秘的な・・・産卵! 生命の誕生ですね。。。
posted by べっぴん❶号 at 13:57| 和歌山 ☀| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

波切不動 年に1度の御開帳!


昨日、今日と高野山にも夏の気配が・・・晴れ晴れ晴れ
高野山上でも ここ数日の最高気温は26℃! さすが暑さを感じる。
昔から避暑地といわれる通り、平地に比べると3〜5℃は涼しい。。。
私的には、冬の寒さは苦手! で、やっぱり好きになれない、けど・・・
標高900bの高さは、夏季の平地(猛暑)での生活を思えば本当に有難い〜。 

さて、耳寄りの情報です。
高野山・南院(なんいん)の御本尊様・弘法大師ご自作秘仏
“尊浪切不動明王(重文)が 御開帳されます
目
毎年、1年に1日だけ、6月の お不動さまの日(28日)のみ御開帳されます。

この不動明王は、弘法大師が唐で教えを仰いだ恵果阿闍梨から
授かった霊木をもって自作したと伝えられているものです。
空海が帰国のとき、逆巻く荒波のなかで船が難渋していると
火焰を放ち、利剣を振り航路を導いたことから
『浪切不動(なみきり ふどう)』と呼び親しまれ
多くの方に信仰を集めています。

右手に知恵の剣、左手には羂索を持って諸厄を払う。
そうして衆生を救う。。。
保存状態も素晴らしく、長く秘仏とされていますが 6月28日だけは
御開帳していただける この年1回は必見ですよひらめき

◎日 時:平成23年6月28日(火) 午前8時30分〜午後4時00分
 場 所:高野山 南院 波切不動尊


※ 見学される際は、会場(寺院)にて係り員の指示に従ってお願いします。
 
 詳しくは 次項有 http://www.sea.sannet.ne.jp/namikiri-nanin/intro.html


posted by べっぴん❶号 at 10:59| 和歌山 ☁| 知っ得情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

第16回高野山旗学童軟式野球・組合せ抽選会!


昨日 『第16回 高野山旗学童軟式野球選手権大会』
組合せ抽選会が行われました exclamation×2

高野山では、毎年7月下旬になると・・・
近畿・四国・中国・九州・沖縄、そして、北陸・甲信越、
東海地区に加え関東地区から・・・
元気いっぱいの小学生球児をお迎えしています!

選手たちが日頃から・・・厳しい練習を重ね、その鍛えた成果を
遺憾なく発揮し、一生懸命のプレーをみせてくれます。
白熱の競技を繰り広げてくれる子ども達の姿に
私たちが大人が感動をいただいてますぴかぴか(新しい)

各関係機関、諸団体のお力添えをいただき、回を重ねるたび
大きな大会へと成長し、高野山の夏の風物詩的な行事にもなっています。

その大会を本年7月22日(金)〜26日(火)の5日にひかえ
各地方から、厳しい予選を勝ち抜かれた出場チームたちが
続々と決定し、昨日6月21日(火)高野町役場におきまして
午後1時00分から組合せ抽選会が行われました。

◆会期:平成23年7月22日(金)開会式〜26日【5日間】

その抽選の様子(結果)を画像でわーい(嬉しい顔) お届けしますー(長音記号2)

抽選結果を読み上げている事務局 @号!
DSCN0783.JPG

A会場:高野山森林公園スポーツ広場
DSCN0784.JPG

B会場:高野町総合グラウンド
DSCN0785.JPG

C会場:高野山高校グラウンド
DSCN0786.JPG

D会場:高野山大学グラウンド
DSCN0787.JPG

E会場:高野山中学校グラウンド
DSCN0789.JPG

主催:高野山旗学童軟式野球選手権大会実行委員会
共催:高野町・高野山観光協会・高野町商工会
後援:(財)全日本軟式野球連盟・近畿軟式野球連盟・和歌山県
   和歌山県教育委員会・(社)和歌山県体育協会
   高野町教育委員会・高野町体育協会・総本山金剛峯寺
   スポーツニッポン新聞社・潟eレビ和歌山・釜a歌山放送
   ※ 順不同

この世界遺産の高野山で元気いっぱい、力を振り絞って・・・
また、高野山ならではの宿坊で・・・泊まっていただき・・・
みんなの心に素敵な思う出となるよう、私たちも万全の準備を
整えて お待ちしてます わーい(嬉しい顔)手(グー)

posted by べっぴん❶号 at 19:23| 和歌山 ☁| 高野山の行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

第4回お逮夜参り終了!


雨続き・・・。雨も大切なときがあるけど。。。
もう、そろそろ梅雨よ、明けてください・・・。お願い!
夏場のイベントの準備が上手く進めません^^;

さて、こんな悪天候の昨晩、 第4回を迎えた『お逮夜ナイト・
ウォーク』が開催
されました。
足元の悪いなか、55名の方に ご参集いただき
“夏至 残照の奥の院を歩く”をテーマに夜参りが出来ました。

季節ならではの発見、雨は降るものの・・・杉木立の下を歩き
夜には、夜にしか感じることができない空気があるのかな、と
思いました。
今のところ・・・私は皆勤参加です♪♪♪

今回の燈籠堂では、奥の院の「行法師(ぎょうぼし)」をされる
お坊さんが勤行と法話を行って下さいました。
行法さんとは、お大師様に1日2回お食事の用意をされたり
みんなの願いをお大師様に届けるため、日々“行”を積まれたり・・・。

行法さんは、参加者もともに読経した後、お大師様が
奥の院へご入定された意味、目的をお話してくれました。

お大師さまは、承和2年〔835〕3月21日に高野山奥の院に
弥勒菩薩とご縁を結ぶと申され、ご入定された話。
今もなお、民衆のために永い永い祈りを捧げて下さっているのだと・・・
時に62歳。お大師さまの心は時代を超えて現代へと受け継がれ、
多くの方の心に“同行二人”として生きていることの意味。

ちなみに弥勒菩薩が下生(この世に生まれる)のは、お釈迦様入滅後
およそ56億8千万年後とされている。
どんな?どんな?未来の話かも想像がつかない。。。

ちょっと、気になって調べるところの話・・・
お釈迦様が入滅して、まだ、およそ2500年くらいしか
経っていないらしい。56億8000万年?!まで・・・0に等しいやん?!

難しい、奥深い話ですね。。。
そんな、話を分かりやすく説いて下さいました。
普段、改めて聞く機会がない お坊さんのお話し。
月に一度の夜参りで学ぶこと、沢山あります。

宗教色ではなく!信仰心を問わず! 
高野山だから 体験できること、感じること!
歩いて・・・観て・・・癒されて・・・ 学ぶこと。
お逮夜ナイト・ウォークの魅力はそこにあります。。。

このお逮夜参りでは、本年『報恩・日々是好日』をメインテーマに
月々のサブテーマとともに開催します。
又、テーマと共に東日本大震災の痛みを風化させることなく
被災地の1日も早い復興をお祈りします。。。
テーマの詳細は・・・近日中にアップします〜♪♪♪ 

posted by べっぴん❶号 at 11:00| 和歌山 ☔| 高野山の行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

第4回 お逮夜参り(6/20)


夏場の行事にそなえ・・・何かと忙しくなってきた〜。
毎日毎日がバタバタですッふらふら
梅雨という季節的にもジメッとたらーっ(汗) テンションが低くなりがち・・・

残業が少し続き・・・お疲れモードの今朝方・・・出勤したら・・・
一緒に残業してた隣のデスクの男子職員が
わーい(嬉しい顔) 滋養強壮のドリンク『黄帝』を差し出してくれましたわーい(嬉しい顔)
ありがとう〜 お肌の曲がり角をとうに過ぎた?!私に気遣って
くれたんかなぁ〜 もうやだ〜(悲しい顔)
へへへッ^^; ゴクッといただき、モチベーションを・・・
自分の士気を高めてグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)頑張ろッわーい(嬉しい顔)手(グー)

リフレッシュも必要ですね・・・
そういえば仕事のなかでリフレッシュできる時間もあったゎ〜
もうすぐ・・・ 『心の癒し・お逮夜ナイトウォーク』
6月20日(月)の夜、第4回目!
月に1度、夜参りをする日。私の中で心を“無”にする時間です。

今回のテーマは“夏至・残照の奥の院を歩く”
1年で最も日が長い「夏至」のこの時期、残照が残る夜の奥の院へ。
日々幸せな環境に生活できること、日常の感謝とともに
あわせて東日本の被災地に向け一日も早い復興をお祈りする。
“心の祈り”を捧げる目的を胸に・・・テクテク歩きましょう。。。
『お逮夜(おたいや)』の意味ある夜に・・・みんなで!

日   時:平成23年6月20日(月) 午後7時00分〜 ※ 雨天決行
集合場所:一の橋参道入り口[高野山観光協会 一の橋案内所]


どうぞ、お誘い合わせの上ご参加ください。。。


posted by べっぴん❶号 at 11:26| 和歌山 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

青葉祭・盛会終了!


今朝は朝から あいにくの雨。

昨日『青葉まつり』が無事終了いたしました。
ちょうど梅雨の晴れ間を選んだかのように・・・
天候に恵まれ、盛大な“御大師さまご生誕”のお祝いができました。
さすが!お大師様晴れグッド(上向き矢印)

来場者数、3万人。
一の橋〜金剛峯寺前までの間を練り歩く行列・・・
その脇を大勢のご見学者の方々に更に賑やかに盛上げていただきました。
又、地元の各種団体とともに・・・「花御堂渡御」の列に華をそえて
下さった・・・全国各地より申込みいただいた踊り子さん。。。
ありがとうございました。皆様に心より御礼申し上げます。。。

さて、これより先は ↓↓↓ 「平成23年 青葉まつり」の様子を・・・
前夜祭〜当日までダイジェストでお送りします〜♪♪♪

まずは・・・前夜祭(6/14)「奉燈行列」の風景から・・・
高野の若衆(商工会青年部)らが各自の仕事終了後に
連日連夜と集り、追い込みは徹夜に近い状態で仕上がったと
いわれる“ねぶた”。ふるさと高野を愛す熱い思いが込められた力作!
その年どしのテーマが定められ・・・年々パワーアップする苦心の作品です!

【今年のテーマ】
“祈り、天女の慈しみの愛と龍神の守護の心”で・・・
一日も早い震災復興をお祈りし、すべての人に勇気を届けよう!
DSCN0689.JPG

IMG_0817.JPG

今にも動き出しそうなまで・・・表現された龍をズームアップ。
RSCN0705.JPG

目力に注目!!!
IMG_0807.JPG

テクテクこうやくんの曲♪♪♪〜ともに昨年の大作が登場です!
DSCN0696.JPG

全ての人が平和でありますように・・・
お大師様のお姿から祈りが発せられているようです。
DSCN0693.JPG

日が暮れれば暮れるほど・・・幻想的!
IMG_0791.JPG

IMG_0840.JPG

高野山高等学校の生徒も頑張りましたよ〜 今年のねぶた初お披露目です。
IMG_0796.JPG
引くも・・・押すも・・・結構な重さです!
IMG_0810.JPG

日にち変わって青葉まつり当日です ↓ ↓ ↓
ちなみに、私もスタッフとしてお手伝いしてきましたよ〜。
正午に一の橋をスタートした行列を・・・金剛峯寺前で会場内へ
誘導・配列させる係りでした・・・任務の隙を見てバシャッ!

こうやくんが行列の一行を先導してきました。。。
RSCN0776.JPG
続いて「和歌山県警音楽隊」が・・・
RSCN0775.JPG
小学校鼓笛隊と旗行列が続きます。
DSCN0722.JPG

岡山は美作より・・・毎年ご参加いただく備前みやび会さん・・・
DSCN0730.JPG

御詠歌隊にお稚児さんが続きます。
DSCN0733.JPG

DSCN0735.JPG

役人衆が囲む山車には本年の若葉娘と・・・
真ん中に6月15日の誕生に近いお稚児さんが乗って到着します!
DSCN0740.JPG

全国各地からお申込いただいた一般踊り子さんの一行。
DSCN0743.JPG
その中に毎年自前の衣装でご参加「扇寿会・大阪グループさん」25名。
DSCN0748.JPG

岸和田から光生会さんの先頭は小さなカラダで力いっぱい
頑張ってくれる鼓笛隊♪♪♪〜 おつかれさま〜
DSCN0750.JPG

締め括りは会場内で和歌山県警音楽隊が11曲を演奏!
高野山開創1200年記念法会のマスコットキャラクター“こうやくん”も
再び登場して、浪花のモーツアルトで御馴染みのキダ・タロー氏
作詞作曲、テクテクこうやくんを。
今や、ゆるきゃらで大人気のこうやくんもハッスルでしたわーい(嬉しい顔)
DSCN0761.JPG

この後、式典では高野山真言宗 管長猊下が舞台に登壇されご挨拶。

御大師さまのお見護りに晴天ものと終了。みなさん、お疲れ様!


posted by べっぴん❶号 at 15:09| 和歌山 ☔| 高野山の行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

稚児行列!


明日の青葉祭に先駆け、町なかがお祭りモードになってきましたょ。
高野山こども園(保育園・幼稚園)の園児たちが
今日午前10時00分から 金剛峯寺⇔大円院 の間を鼓笛と旗行列で行進しました♪♪♪〜

先日のブログで・・・高野山では、小学生も中学生も、高校生も・・・皆んな・・・
大人と一緒に町を挙げて 御大師様ご生誕の祝・青葉祭を盛上げるのです。
↑ ↑ ↑ と、そう言ったところですが・・・
保育園や幼稚園児たちも・・・お祭りの盛り上げ隊 わーい(嬉しい顔)モータースポーツ として
前日の今日に始まり、当日の行列でも頑張って出番を務めてくれているんでするんるん

幼稚園児の鼓笛、保育園児の旗行列です・・・

▼ ▼ ▼ 幼稚園児たち ▼ ▼ ▼
DSCN0684.JPG

▼ ▼ ▼ 保育園児たち ▼ ▼ ▼
DSCN0687.JPG

「これから、明日にかけて・・・いよいよ、お祭りが始まりますよぉ〜
みんなでお大師様のお誕生日をお祝いしましょう〜」・・・と、
祝・青葉祭の始まりを告げてくれているかの様な
可愛い、可愛い旗行列ですハートたち(複数ハート)

『稚児』とは、乳児・幼児のことで「ちのみご」という言葉が
古来、仏様におつかえする童子童女を「御稚児さん」と呼んでおり
稚児童子は男の子の御稚児さん、稚児童女は女の子の御稚児さん、
ということになります。
寺社仏閣によく見かける風習として・・・今では行事のときだけ
一般の子供に「御稚児さん」の扮装をさせることが多くなっています。

今日は旗を振り練り歩き、それに加え明日は こども園作の
“ミニねぶた”を引いたり・・・
又、幼稚園年長さん組は、煌びやかな御稚児さんの衣装をまとい
行列を華やかに、笑顔にしてくれます。。。

この町に生まれ、この町で育ち・・・高野町の将来を担う子どもたち・・・
高野山では、小学生に始まり・・・
こんな小さな頃から町の行事に触れているんです。
子どもたちの数も少なくなってきているのは、お山でも世間情勢と
同じことですが。。。

この子たちが大きくなったとき覚えているか否か
別として・・・^^; 故郷を大切に思う大人になって・・・高野町で活躍してほしい。

皆んなが大きくなった時〜きっと、素敵な思い出となっているはず。。。
DSCN0154.JPG
頼むよ〜 この町の将来を。。。
DSCN0142.JPG

今夜は引き続き『前夜祭・奉燈行列』があります。
町中を地元高野町商工会青年部の力作パンチ ねぶたのお披露目ですぴかぴか(新しい)
(法要:17時30分〜 ねぶた出発:18時00分〜)

posted by べっぴん❶号 at 12:23| 和歌山 ☁| 高野山の行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

青葉祭 行列の歌


昨晩のこと、近所(小学生が居るお家)から・・・
♪♪♪〜ピッピピピ〜♪ ピッピピ〜♪ ピッピピピピィ〜♪♪♪〜
って、ピアニカの音が聞こえてきました耳手(パー)
よぉ〜く 耳 耳を澄ませると。。。

知る人ぞ知る! 青葉まつり・・・でお馴染みの曲・・・が聴こえてきた。
そっかぁ〜 青葉まつりも間近になったから・・・
小学生がお家で鼓笛隊の練習してるんや〜と、
改めて曲を聞いたら懐かしい気持ちになった。。。

高野山では、小学生も中学生も、高校生も・・・皆んな・・・
大人と一緒に町を挙げて 御大師様ご生誕の祝・青葉祭を盛上げるのです。
小学校では、ゴールデンウィークが終わった頃から
全校生徒が行列参加する『鼓笛隊』の練習が始まり・・・
毎日、毎日、繰り返しの練習を重ねる。
私も子供のころ、練習した記憶がある。。。
うぅん?! 何年?ではなく・・・〇○年前の事かは黙っておきますが?!?!

ここで生まれ育った子ども達は皆んな、小さな頃からお祭りに
参加し、御大師さまの尊さに触れてきたということなんです。

青葉祭『花御堂渡御(はなみどうとぎょ)』&パレードの
先頭を高野山小学校鼓笛隊が飾ります!
DSCN0102.JPG

馴染みの曲は これ ↓↓↓↓↓

♪@♪ むかしむかし一千年 たちばな匂う夏なかば 紫雲たなびく
   朝ぼらけ 不思議や陀羅尼の響きあり
♪A♪ 立派な家に生まれられ 富も位も たのまずに もろこし船に
   法を得て 帰って開いた 不二の門
♪B♪ 朝日まずさす 日本から 世界のねむり さまさんと 
  誠の教えを ひろめたる 大師の御徳(みとく)は 限りなし
♪C♪ 何年たっても変わらずに 咲いたままなる法のはな 
きれいな一つを 胸にさし 我らもまけずに はげみましょう


↑ ↑ ↑ この歌が・・・何度も練習した鼓笛隊の歌だけど・・・

でも、なんていう歌名やったっけ?!と・・・
このブログに歌詞を記事アップしようと調べたことによって
さっき!知った!!!  『青葉まつり行列の歌』 って名前だということを。

子供の頃から、歌詞と節を教えられるままに・・・覚え・・・
歌名を教えてもらったか?教えてもらってない?かは定かではない・・・
けど、「青葉まつりの歌」「鼓笛隊の曲」で地元では通用してきたし〜

行列のときに歌う曲、だから・・・ =『青葉まつり行列の歌』^^; そのままやんッわーい(嬉しい顔)
数名の職員(高野山生まれ)に「この歌名、知ってる?」と聞いてみたけど・・・
鼓笛隊の曲!って私と同じことを言ってました^^;
青葉まつり行列の歌って教えると。。。知らなかった!と
そう言った後、『行列のときに演奏する曲、=行列の歌、そのままやん^^;!』
と、ツッコミも同じでした!

当日は、元気いっぱい、連日の練習の成果を発揮して行進する
鼓笛隊の一行に、あたたかいご声援をお願い申し上げます〜ムード
DSCN0106.JPG


posted by べっぴん❶号 at 14:35| 和歌山 ☔| 高野山の行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

梅 雨


ジメジメと、梅雨独特の嫌いな天気 雨 雨が降り続くバッド(下向き矢印)
つい先日(9日)気象庁は沖縄地方が梅雨明けしたとみられると、発表。
今年は、全国的に梅雨入りも早かったと感じていたけど…
この沖縄の梅雨明けは、統計を取り始めた1951年以降
最も早い梅雨明けらしい。
平年より14日、昨年と比較すると10日早かったそう。。。

豆知識…梅雨の期間は40日前後で明けるという実績から
2011年の梅雨入りの時期+40日程度が梅雨明け時期と
大体の予測がつくらしい。。。

今期の沖縄の梅雨入りは…4月30日(← そうらしい)で、
明けたのが6月9日… と、いうことは…ほんま!6月9日が
ちょうど40日目や?! …と、いうことは??? 
近畿地方の梅雨入りといわれるは5月26日から40日程先…
5/26+40日=7月5日くらい、かな???
と、いうことは例年より早い梅雨明けが予想できますよ〜ひらめき

梅雨も早く明けて欲しいけれど。。。
即座には数日後、6月15日の『青葉まつり(宗祖降誕会)』の
天気が気になります。
予報では晴れマーク晴れ晴れ晴れ
どうぞ、快晴のもとお大師様の御誕生をお祝い出来ますように。。。


posted by べっぴん❶号 at 11:07| 和歌山 ☔| 天気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

紀州高野組子


今日は、橋本伊都広域観光情報センター・憩来からのお知らせ!
高野山にある広域のアンテナショップ・憩来(いこら)で
『紀州高野組子細工』の実演販売 が行われます。。。

組子細工・・・といってもピン!と、どんなものか浮かばないけど・・・
古くからの伝統技術・・・巧みな技法が凝らされた貴賓工芸。。。

和歌山の歴史と風土の中で育まれ、受け継がれてきた
伝統性のある工芸品を積極的に振興するため、平成22年10月に
「紀州高野組子細工」が和歌山県郷土伝統工芸品に指定されました。

その微細な技を多くの方々に伝え親しんでいただきたく
高野山(憩来)において、実演販売が決まったようです♪♪♪

◆日 時:6月14日(火)午前11時00分〜午後4時00分
         15日(水)午前10時00分〜午後4時00分
         16日(木)午前10時00分〜午後3時00分

◆場 所:橋本伊都広域観光情報センター・憩来
     (高野町観光事業推進委員会)

◆協 力:池田清吉商店

この機会にどうぞお立寄りされてみてはいかがでしょう。。。

詳しくは 憩来スタッフブログまで ↓↓↓↓↓
http://ikoikoikora.seesaa.net/


posted by べっぴん❶号 at 11:52| 和歌山 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

お山を美しく・・・


今朝、6時30分から「町内一斉清掃」がありました。。。
高野町〜各町内の区域区域で“お山を美しく”する運動です。
高野町観光情報センター(まち未来課)を機軸に
『お山を美しくする会』として長きにわたる活動が実施されています。
近年は、町を挙げて行う年に2回(春季・秋季)の町内清掃。

私的には、旅行でも、買い物でも・・・訪れた先の町が
綺麗か?そうじゃないか?・・・で全く印象が違うものになる。
そこから・・・次に・・・又そこへ行きたいか?行きたくないか?の
判断につながる・・・と思う。
私的というより、おそらく大半の人がそう思うと、思う!

高野山の魅力は ここにもあるんです目手(チョキ)
来訪された方よりぴかぴか(新しい)「高野山は、ゴミのない綺麗な町ですね〜」ぴかぴか(新しい)って
お声をたくさんいただけること!

弘法大師・空海による真言密教の霊場「高野山」の開山。。。
壮大な自然に恵まれ、この豊かな自然と文化は日本人の心の故郷として
崇拝と信仰を集め地域の人々により大切に守り育まれて来ました。
平成16年7月には『紀伊山地の霊場と参詣道』として
世界遺産に登録され、この栄誉は豊かな紀伊の自然環境と先人より
受け継いだ文化財を何世紀に渡り・・・守り続けて来た・・・
地域の人々に与えられたものでもあるのだと捉え・・・
きれいな町並みを維持するために・・・

高野町においてのゴミの減量化・再資源化を目指した事業等も
進んでいます。

そして・・・縁の下のチカラ、スーパーマンが此処に在り!
雨の日も風の日も・・・雪の日も・・・お正月も・・・
連日・・・ 「環境巡視パトロール」 に1日何度も巡回してくれる人の存在・・・
町を綺麗にしてくれる方の日々の活躍が我がまち自慢として
大きな美化につなげてくれるのです。
環境巡視B.JPG
(高野町観光情報センター・観推事業)

↑ ↑ ↑ 本当に感謝デス。。。
いつも綺麗にして下さってありがとうございます・・・デスぴかぴか(新しい)

私たちも一人ひとりが生活の中で取り組むことのできるチョッとした事や
マナーを皆んなが守れば、多くの人が気持ち良く過ごせますよね。。。
自分の町だからじゃなく、出かけた先々でも心がけよぉ〜ッとわーい(嬉しい顔)手(グー)
当たり前のことを・・・出来る人に・・・そう思う今日この頃でした。


posted by べっぴん❶号 at 14:15| 和歌山 ☁| 日々是好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

散 華


この数日のブログは、お大師さまの御誕生をお祝いする
『青葉まつり』に関連する記事が続きますが・・・
今日は “散華” について・・・。 
仏教の法要のなかで儀式として執り行われる『散華』。
高野山では見慣れていても・・・日常には珍しいことの一つかもしれません。

近々では・・・町を挙げて華やかに花御堂渡御(はなみどうとぎょ)が
繰り広げられる青葉まつりにおいて 稚児行列を先導に山車へ乗り込んだ
青葉娘(あおば むすめ)や山内の住侶らによって散華が行われます。

散華とは・・・【仏を讃(たた)え供養(くよう)するために
お花を散布する】とされています。
清めて仏を迎えるために散華(花吹雪)するともいう。。。


ひらめき さて、次がポイントです〜♪♪♪ ひらめき
ぴかぴか(新しい) この散華を身につけると心身が清められ、仏教の御加護を授けて
いただけると云われていますぴかぴか(新しい) グッド(上向き矢印)


もともとインドで花や香(こう)を地に撒いて
その場を清め、また花の香りをもって信仰対象を供養したことに
由来するらしい。。。
古くは蓮(はす)などの花びらを散布したと云われるが
日本では 紙製の蓮弁(れんべん)形の花びらや樒(しきみ)の
花または・・・葉っぱが用いられるのが通常になっているようです。

★散華(さんげ)★
DSCN0680.JPG

↑ ↑ ↑ 紙製の散華にも それぞれ意味合いを持ったデザインが
ありますが、最近 高野山で使われている散華は チョット可愛い!!!
高野山開創1200年記念法会のイメージキャラクター“こうやくん”が・・・。

★青葉まつり・散華の画★
IMG_1088.JPG

ちなみに私は授かった散華を財布の中にしのばせ
御加護をいただきたい・・・と、大切に保管いたしておりますの揺れるハート

幸運をよんでくれますように♪♪♪ ぜひ青葉まつりでGetしよう!
行列の散華に毎年人々が殺到します。混雑でケガだけはしないで下さいネ^^;
posted by べっぴん❶号 at 14:26| 和歌山 ☔| その意味?教えて! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

真魚(まお)さま


『青葉まつり』も間近になってきました。。。

6月15日は御大師さまの誕生日をお祝いする日。。。
宗祖降誕会が行われます!

平安時代のはじめに日本が生んだ偉聖弘法大師(空海)によって
はじめて開かれた日本仏教の一大聖地、高野山を舞台に
毎年6月15日(曜日にかかわらず)に開催されています。。。

弘法大師は、宝亀5年(774)6月15日に讃岐の国・多度郡屏風ケ浦
で御誕生されたのです。現在の香川県善通寺市。
そんな名残から高野町と善通寺市は「歴史友好都市」として
今日も密接な関係にあります。

さて“真魚(まお)さま”とは・・・
弘法大師の幼名です。
俗名を佐伯真魚(さえき まお)様といわれたのです。

御父上・・・佐伯直田公(さえきのあたいたぎみ)。
御母上・・・玉依御前(たまよりごぜん)。
御前は、インドの聖僧が懐に入る夢を見て懐妊されたと伝えられています。
胎内に在ること十二ヶ月、金剛合掌して誕生されたとか。
幼名を真魚(まお)といい、幼少の頃、土で仏様を作り拝む姿を見て、
人々は真魚少年の賢くすぐれた様子をたたえて貴物(とうともの)と
呼び、大事に育てられたそうです。
七歳になられた真魚さまは、捨身ケ岳(シャシンガダケ)の絶壁上に立ち
「もしも、私に世の人々をお救い出来るなら、どうぞ、私の命を
お助けください。出来ないとしたら・・・仏さまにこの身をお捧げします。」と、
衆生済度の願をたて峯によじ登り、身を投じたところ、
天女に抱きかゝえられ、釈迦如来が現れて将来の大願成就を約束したそうな。
この峯は捨身ケ岳と名付けられ現在に残っているそうです。

真魚さまは、お遊びになるときも、いつも土で仏さまを作り
野の草や木で御堂を作りなおし、おまつりされていました。
また、いつも夢のなかでは蓮のお花に坐られ〜
仏さまとお話しをされていらっしゃったと云われています。。。

御大師さまに纏わるお話しは、全国各地にたくさん・・・
伝説として残っています。

2011年−774年=??? うん?!
今から・・・1237年も前にお生まれになって・・・
793年、19歳にして出家を決意された御大師さま。
そして、日本の文化と生活向上に偉大な足跡を残され・・・
承和2年(835)金剛定に入られたのは御年62歳。
今もなお、高野の山に歴史を刻まれているのですね。


posted by べっぴん❶号 at 15:49| 和歌山 ☁| 高野山の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

高野聖(こうやひじり)


6月3日。
ふと、高野町史を見たら・・・今日は何の日? で、
昭和32年の6月3日・・・
日活で「高野聖」を映画化。滝沢監督一行が高野山登山。← とあった。

そんなつながりで(どんなつながりや^^;?)・・・
今日のブログ記事を『高野聖(こうや ひじり)』にし〜よぉっとッー(長音記号2)

「高野聖」(こうやひじり) ご存知ですか?
聖とは「日知り」から来た言葉らしく・・・
「日:すなわち太陽のように輝き、物知りな人」という意味が
あるのだそうです。
東大寺を再建させた「重源上人」、放浪歌人「西行」も
高野聖の出身であると著書に記されていました。

そもそも、高野聖と言うのはどういった人たちなのか。。。
「聖」といわれる半僧半俗で全国を徘徊し信仰を勧進する集団は
奈良時代からいたそうですが、高野山では空海が入定後、
平安中期に火災などで高野山が一時荒廃したとき・・・
復興資金を喜捨として集めるため、全国に派遣された聖を
「高野聖」と呼び、各地に知れわたったとあります。

彼らのおかげで現在の高野山の繁栄があるとも言われ、
高野聖の存在によって全国に広がる「弘法大師伝説」が始まったとも・・・。

彼らは金剛峯寺の正式な僧ではなかったそうですが
高野山麓に庵であり、修行の場でもある「別所」をいつくか作り
復興資金を喜捨として集めるために・・・全国各地へ・・・
高野山から派遣されたのだと云われています。
全国津々浦々まで、お大師さま(弘法大師)の奇跡、偉大さを
語り続け・・・まわったのだとか。

高野山の霊場信仰を説くための「高野山参詣曼荼羅」を持ち歩き、
それを人々に見せながら「高野の山奥の廟所において、お大師様は今も
修行を続けながら私たちを見守っておられます。
お大師さまの居られる奥の院は浄土です、そこへ遺骨を納めれば、
あの世においてきっと苦しみから逃れられることでしょう・・・」などと、
絵解きで人々に説いてまわったと、憶測し・・・。

いずれにしても、高野聖らが活躍したことも大きな事として
全国にお大師さま信仰が広がっていったということですよね・・・

posted by べっぴん❶号 at 12:02| 和歌山 ☁| その意味?教えて! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

青葉まつり(6/15)


ジメジメと雨が多い日が続いています 雨雨雨
雨雲におおわれる毎日で自然とテンションも下がりそうですが・・・

カレンダーは又1枚めくられ、もう6月に目 はやい!はや過ぎる!
何だか今年は季節の変わり目を実感できない。。。
それは、安定しない気候のせいかな。。。

さて、木々の緑も濃い青葉の・・・この季節・・・
高野山の行事をご紹介します。

来る 6月15日(水)に『青葉まつり』 が開催されます!
『宗祖降誕会』 として、お大師さまの御誕生をお祝いする
高野山にとっては一大行事ですぴかぴか(新しい)

お大師さま(弘法大師 空海)は、宝亀5年(774)に四国・讃岐国
多度郡屏風ケ浦に佐伯田公(さえき たぎみ)と玉依姫(たまよりひめ)の
御次男としてお生まれになりました。

青葉まつりでは降誕会法要はもちろんのこと、園児・児童たちの
旗行列や鼓笛隊演奏を先頭に稚児大師の花御堂渡御(はなみどうとぎょ)や
御詠歌講、稚児行列が行列を成し、大師音頭の踊り子が続きます。
又、地元若衆らが何連夜と時間を徹して作り上げる「ねぶた」は
毎年見ごたえあるものですグッド(上向き矢印)

DSCN0025.JPG

行列は正午(12時00分)に一の橋を出発し、総本山金剛峯寺まで約1`の
表通りを練り歩きます。
IMG_1157.JPG

行列の他には金剛峯寺を会場とし「奉讃展」と題された
“仏画展”“書道展”“写真展”も無料見学でき、華道高野山の“生花展”に
献茶・お茶会等々・・・盛りだくさんで…
この日ならではの多彩な催しが行われます。

前夜(6/14:午後6時00分〜)は、ぜひ宿坊にご宿泊されてみてはいかがでしょう。。。
青葉まつり前夜祭とする奉燈行列は必見!
金剛峯寺前の駐車場に夜店も出て、特にお子様連れでのお出かけには、おすすめです!

詳しくはこちらを 次項有 http://www.koyasan.or.jp/kongobuji/event/shuso_gotane.html

posted by べっぴん❶号 at 13:50| 和歌山 ☁| 高野山の行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。