2011年05月31日

観光功労者表彰受賞!


昨日開催されました『平成23年度 社団法人 和歌山県観光連盟』の
通常総会において“高野町観光事業推進委員会”
ぴかぴか(新しい) 観光功労者表彰 団体の部 ぴかぴか(新しい) で受賞いたしましたプレゼント

会場のホテルグランヴィア和歌山にて、当委員会を代表させていただき
和歌山県観光連盟会長(和歌山県 仁坂知事)から表彰状を授与してまいりました〜わーい(嬉しい顔)
DSCN0652.JPG

本会は 高野町・高野山観光協会・総本山金剛峯寺・高野町商工会の
四者から組織される団体で平成10年に結成されました。。。
高野町としての総合的な発展を図ることを目的とし
当町の地域活性化並びに参詣客、観光客の増大、青少年の健全育成に
資するために必要なイベント等を立ち上げ・・・
様々な事業展開に努めてまいりました。。。

これらの活動が10年という月日を経て・・・高野町、大きくは和歌山県の
観光振興に貢献したとして認めていただいた観光功労者表彰。。。
とても、嬉しいこと。。。喜ばしき受賞でした。。。

結成以来、様々なことを模索するなか・・・高野山の魅力を国内外に
発信させるべく、私たちもこの活動を通じ今もなお・・・日々勉強です。
今後も、地域振興の核となれるよう務めることを心新たにした受賞でした。
ありがとうございました。

最後に本委員会の運営にあたり、日頃の私たちの活動を温かくお見守りいただき
ご指導ご協力下さる本組織各事業所役員の皆様、関係各位の皆様に
心より感謝申し上げるとともに厚く御礼申し上げます。


posted by べっぴん❶号 at 11:02| 和歌山 ☀| 日々是好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

くまがい草


今、宿坊・宝善院さんのお庭に『くまがい草』が満開です!
クマガイソウ 目
DSCN2145.JPG

現代は、森林伐採による生育地の減少や園芸用に採取することにより
自生数は減っているといわれます。。。
また、環境省のレッドデータブック絶滅危惧U類(絶滅の危険が増大
している種)に分類されているとされる貴重な植物です。
DSCN2144.JPG

名前の由来は、花の形を熊谷直実(源平・鎌倉時代の武将)が
背中に背負った母衣(ほろ)に見立てて名付けられたそうです。
属名のキプリペシジウムはキプロス(ビーナスの島)と
ペディロン(上靴)の二語から来ていて「ビーナスのスリッパ」という
意味で、これも花の形から由来しているんですって。。。

ちょうちんブルマexclamation&question にも見えたりしてわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

画像は、宝善院さんの院内庭園のものです。
自然豊な高野山には、昔のままの環境を残し・・・
今に自生し続けている・・・珍しい植物が見つかるかも。。。

宝善院さんのクマガイソウを拝見されたい方は、宝善院の寺務所に
お声がけください。。。
DSCN2147.JPG




posted by べっぴん❶号 at 15:44| 和歌山 ☁| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

心静かに宿坊で…


あいにくの天候が続き…週末も雨になりそうな…
その合間に…今日は青空に微かな雲が流れ静かな朝。
震災から激減していた外国人観光者の姿も少しずつ
戻ってきているような感じも受けながら。。。

朝からゴロゴロと大きなスーツケースを引っ張って
昨夜、宿坊で宿泊された様子の欧米人らしき女性客が
帰りの時刻を聞きに来店… カタコトの日本語で…
『コウヤサン スバラシイ! ワタシ、ココロ シズカ デス!』
そう話しかけてくれました。

ホテルや旅館と違う宿坊をどんな風に感じて下さったのでしょう。。。
1200年近くもの歴史に触れ…古き良き時代の高野文化を垣間見て
宿坊スタイルに癒されていただけたら幸いです。

お寺(宿坊)のなかの客間は ほとんど旅館の客間と変わりません。
宿坊の大半は、トイレ(室外共同)、お風呂(大浴場)。
昔?お寺?のイメージなのか…よく問われますが…
敢えてそんな企画でない限り、今は‘雑魚寝(ざこね)’では
ありません。個人、ご家族、お一人の場合でも1室です!
料理は夕食、翌朝食とも「精進料理」を!
精進料理といっても野菜中心にバリエーションは豊かですょ。

決して強制ではありませんが私的に…宿坊に泊まったなら
ぜひ 『朝の勤行』 に参加されてみてはいかがでしょう。。。
そう、オススメしたいです。
自由参加なので「ご遠慮します!」もOKですが
少しだけ頑張って早起きして…30分〜40分程度。

早朝に目覚めた朝食前に…清々しい気持ちで…
本堂での勤行に同席し、静かななかに読経の響く声を聞きながら
手をあわせ…心静かに目を閉じて…
そのひと時が宿坊の醍醐味かと。思うのです(^^ゞ

宿坊では、毎朝かかされることなく日常に行われる勤行ですが
外国の方はもちろんのこと、自分たちの日々の生活にない
時間として…宿坊で泊まる経験を更に「朝の勤行」で
貴重な体験にしてみてください。。。

襖の外側、山の方から聞こえる鳥のさえずりも…
静かな朝に心を和ませてくれます。
高野山も夏場は、大勢のお客様で賑やかになります。。。
そんな前に…今、穏やかな高野山を感じるGOODな季節です。


posted by べっぴん❶号 at 13:01| 和歌山 ☁| 体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

得々参拝・入浴プラン!


得々参拝シリーズ “報恩プラン” に続いて・・・
『日帰り・入浴プラン』 の予約受付を開始いたしましたいい気分(温泉)

得々参拝・入浴プラン.jpg

かわいい 得々参拝 日帰り・入浴プラン かわいい

昨年から始まった 宿坊で御昼食“精進料理”+ 入浴付き レストラン いい気分(温泉)
期間限定のカラダに優しい優しい癒しプランですわーい(嬉しい顔)
宿坊に泊まってみたいけど。。。泊まるまでは時間がなくって〜とか
高野山を散策されて汗ばむ季節のご休憩に。。。
ウォークでお疲れになった心身の癒しに。。。
プチ宿坊体験をされませんか。。。

普段、宿坊では御昼食として1時間程度のお食事を御利用いただけますが
日帰り入浴出来るところがなく・・・
昨年初めての試みで誕生した企画が大好評で
本年も実施させていただくことになりました。
お客様からは、「日帰りで入浴できるところは?」・・・
「ちょっと、休憩できる場所はありませんか?」・・・
「宿坊では休憩できないの?」・・・そんな お客様のご意見にお応え出来る
プランとしてご用意していまするんるん
期間限定ですが、ウォークシーズンでもあるこの時期に
最適なプランとして今いちおし企画!オススメのプランです!!!
★ご利用期間:平成23年5月25日(水)〜7月20日(水)★

お値段も大人おひとり様 ご入浴代を含んで  3,800円exclamation×2
日帰りで旅行気分を高野山で・・・ぜひ満喫してくださいハートたち(複数ハート)

ご予約・お問合せの詳細は 次項有 http://www.shukubo.net/contents/plan/#6


posted by べっぴん❶号 at 10:21| 和歌山 ☁| 得々参拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

5月お逮夜参り終了!

5月20日 お逮夜ナイトウォーク無事終了。
今月で3回目。100名ほどの参加をいただき、引き続き とても充実したお参りに。
3月、4月には、真っ暗だった出発も、同じ時刻(午後7時)まだ薄明かりのなか
先月見えなかった参道脇の立ち並ぶお墓が見えました。
同じ参道を歩くも季節に変えられる、その風景に心も変わるなぁ〜と
高野山に居ながら、今更の発見でした。

燈籠堂に着くと、奥の院の僧侶がお迎え下さり…
塗香(ずこう=身体に香を塗って、けがれを除くとする お香)を入り口で
「手をこすり両手にお塗りください。」と導いてくれます。
通常は、午後5時になると閉ざされる燈籠堂の中へ。
特別な行事は別として…夜参りで開けてお参りさせていただけるのは特別な事デス。
そして、堂内の内陣後ろへ参列し…
金剛峯寺さんのご協力を得てお導師様の読経に参詣客も町民も声を重ね…
個々の心に何を拝んだのでしょう。。。

この夜参りでは、大震災の被災を風化させることなく一日一刻でも早い復興を
お祈りすることも大きな目的としています。。。
初回の参加 約100名、先月70名近く…そして、今月の100人の祈り…
積み重ねられて…届きますようにムード

きょうは、最後にお導師さんから 教えていただいたこと。
般若心経の後に唱えた『南無大師遍照金剛』の意味!
「遍照金剛」はお大師さまの灌頂名。
(詳しくは、お大師さまが唐に留学した際に恵果和尚からいただいた名前とありました。)
「南無」は 心から信じお従い申しますという信仰の誓いを表わすのだと。


なので…率直にいうと「お大師さまを心から信じます。お願いを聞いてください。」
わたしは、そう解釈しました。。。
ちゃんと意味を知らずに今まで何気に唱えておりましたふらふら すみません。。。

とても貴重なお話と、5月の澄んだ夜空の下…ココロもカラダもあたたかな時間でした。
参加して下さった方にも感謝デス! お疲れさまでした。
ここに高野山の魅力を感じていただけたでしょうか…

posted by べっぴん❶号 at 01:16| 和歌山 ☀| その意味?教えて! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

ヒメシャガ


今が見頃のお花便り・・・
『ヒメシャガ』の巻 です!

山野草のヒメシャガというと・・・高野山の宿坊・三宝院(さんぼういん)。
可愛らしい薄紫色の花が今見頃です目
DSCN0618.JPG

初夏を告げるといわれるヒメシャガは、アヤメ科の多年草らしい。
この三宝院さんでは、絶滅になりかけていたヒメシャガを
寺院所有の裏山の山林に自生していた10株程度を・・・
境内に移植し、御住職が何年も何年もの時間をかけて
丹念に育てられ、今や数え切れないほどのヒメシャガが
院内の庭園に初夏を告げてくれるそうです。。。
DSCN0619.JPG

こちらも見頃は今週いっぱいかなぁ〜と思います。
DSCN0617.JPG

◆院内(門の中)へ入られる際は、三宝院さんの寺務所に必ず
 お声がけの上、了承得てからにして下さいね^^;




posted by べっぴん❶号 at 17:11| 和歌山 ☀| 高野山散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弘法大師御廟


今夜は、第3回『お逮夜ナイト・ウォーク』が行われます。
天気は良好!
新緑の5月、冷たくも暑くもない夜風・・・
ほど良い季節になりました〜♪♪
何百年もの冬を静かに見守り続け、高野の歴史とともに奥の院で
生きてきた老樹が・・・春の顔にかわり・・・

この時期にしか感じられない新緑の香りをカラダに感じながら
今月もお大師様に手を合わせてまいります。。。

弘法大師御廟は、杉木立のなかを深く深く歩いた奥にあります。
『弘法大師御廟』は大師信仰の中心聖地 です。
各宗派の祖師のなかでも ただ御一人入定信仰を持つ“お大師様”は
今もなお あらゆる人々を救い続けておられると信じられています。。。

一千万人といわれる大師信者。
高野山には年間約120万人を数える参拝者が訪れられます。

承和2年(835)、弘法大師が大伽藍御影堂へ入定され
四十九日目の皐月の日、直弟子といわれた真如親王(しんにょ
しんのう)らが、お大師様の御遺告(ごゆいごう=※今でいう遺言)に
従い、御尊体を輿で奥の院の定窟に遷座安泰されたそうです。
定窟上には、五輪の塔とともに廟堂が建立されたことから
奥の院『弘法大師御廟』と呼ばれるようになったと云われます。
1200年近くの時を、永遠の禅定に入られたお大師様の安住の
居室として、大師信仰の中心聖地に・・・
多くの信者が心の拠り所とされているのですね。。。

未来永劫。。。
『ありがたや高野の山の岩陰に 大師は今もおわしますなる』 。。。
月に一度の良い機会(お逮夜参り)をいただき
今晩も御廟へ お逮夜参りに参加してきます!



posted by べっぴん❶号 at 12:47| 和歌山 ☀| 高野山の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

第3回お逮夜参り!明夜!


明日午後7時00分から 『心の癒し・お逮夜ナイトウォーク』 の第3回目 が行われます。
まだ寒い今年3月から始まった奥の院への夜参りも・・・もう3回目を迎えます!
息をはくと白かった・・・張りつめた空気も穏やかになってきました。
約900bの標高。その山上の自然に歴史とともに生きている木々の香りを
杉木立のなかで感じられる新緑の季節。

『お逮夜(おたいや)』の意味ある夜に・・・みんなで夜参りを!
昼に歩く奥の院とは又違う空気を感じます。
一の橋〜お大師様の御廟までテクテクと、足元を提灯で照らしながら・・・
そんな体験も日常には珍しいことです。
画像 245.jpg

“新緑の季節・薫風に吹かれて夜の奥の院を歩こう”が今月のテーマ。
同時に 今もなお・・・被災地で続く苦悩の日々に
負けずに立ち向かわれている人々の1日も早い復興を祈ります。
離れた場所ではあるけれど、私たちに出来ること・・・
お大師様の日に機会いただいて風化させることなく祈りたいと思います。

ぜひ、皆様のご参加お待ちしております〜足足


posted by べっぴん❶号 at 16:43| 和歌山 ☀| 高野山散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャクナゲ満開!


シャクナゲが満開を迎えています。。。
金剛峯寺周辺、霊宝館、蓮池、いずれも今が見頃です。
シャクナゲにも裏の年、表の年があるようで
今年は例年に比べ、花数が少ないとも聞きますが今が満開!
降雨等の影響がなければ、いずれも今週末までかな・・・と思います。

“金剛三昧院”天然記念物のシャクナゲも・・・満開です ぴかぴか(新しい)
DSCN2136.JPG

新緑のなかを歩いて・・・目に触れる自然鮮やかな緑。
花葉が風に揺れ〜感じる自然の香り。
大きく深呼吸するだけでも心身のリフレッシュになりますよぉグッド(上向き矢印)



posted by べっぴん❶号 at 10:19| 和歌山 | 高野山散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

得々参拝・報恩プラン誕生!


得々参拝シリーズから新しいプランが誕生しましたるんるんるんるんるんるん
トクトク2.jpg

かわいい 得々参拝・報恩プラン かわいい

宿坊でお得に御昼食“精進料理”を召し上がっていただけるプラン。
毎月21日・お大師様の日だから…日頃の感謝を込めて…
報恩のおもてなしを揺れるハート と、誕生したプランです。

高野山では 普段でも御昼食に宿坊で精進料理(事前予約)を
ご利用いただくことが出来ます。宿坊によっても異なることですが…
当組合で定める料金は3段階で 2,700エン・3,700エン・5,300エン 。

宿坊の雰囲気を感じながら精進料理を食べてみたい!
でも、お昼御飯だから〜予算を抑えたいし〜と
お財布と相談で…なんて…考えられる方もありませんかぁ〜?
心気軽に♪ お財布にも優しく♪ 
お大師様の日は、毎月21日だから。。。
21日にちなんで 2,100エン るんるん ゴロ合わせしてみましたわーい(嬉しい顔)
ぜひ、お大師様の日にお参りいただき報恩の心に触れてみて下さいプレゼント

真言宗の開祖・お大師様(弘法大師空海)は、承和2年(835年)
3月21日に御生涯を衆生済度ひとすじに捧げられ、ご誓願を胸に
高野山奥之院に禅定に入られました。これをご入定(ごにゅうじょう)とします。
身今生での成仏を説かれ、自ら身と口と意との三密の加持により
即身成仏の姿を示されたのだと。。。
その縁日から毎月21日を『 お大師さまの日』とされているのです。

そんな偉大なお大師様の御廟前にそっと…合掌すると
心がスッとするようなのは私だけでしょうか。。。

ご参拝の後は(ご参拝前でもOKですが(^^ゞ)…
高野山に旧き時代から引き継がれた伝統の味! 精進料理を!
お大師様の日ならでのは“報恩”プランです!
毎月21日対象のプランですが、是非ご利用ください。

ご予約・お問合せの詳細は 次項有 http://www.shukubo.net/contents/plan/


posted by べっぴん❶号 at 11:27| 和歌山 ☔| 得々参拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

記念さくらの集い会員様へ・・・


桜の咲く時が過ぎ・・・春の季節を知らせる花々が咲き始め・・・
シャクナゲが今ようやく見頃を迎えている高野山から〜
今春、自粛中止となりました『高野山記念さくらの集い』の
会員さまへ・・・今日は、こちらのブログを通じ お便りします。。。

開花の状況は、何度かホームページやブログで掲載していましたが
場所によっては、4月初旬の急激な気温低下でバッド(下向き矢印)
蕾のまま葉桜となってしまった木もあったりで・・・
4月下旬からゴールデンウィークにかけ個人的に桜を見に来られた
会員さんも結構あった様子。
やっぱり自分の桜を毎年心待ちにハートたち(複数ハート) 気になりますよねぇ〜ハートたち(複数ハート)

開花時期もまばらでしたが・・・ 何度かの偵察でカメラ ゲットした写真。

高野山 『記念さくら〜2011の春〜』 と題し・・・
それぞれ大切な思いが託され育んでいる桜木たちが今春も高野山に
花を咲かせた様子を・・・リプレイしてお届けしたいと思いますムード

〜高野山森林公園“記念の森”から〜

遅めの開花、4月中旬に蕾をつけ・・・4/29頃撮影したものです。
ゴールデンィーク初旬が満開でした。
初回の植樹地、時をさかのぼる事・・・約15年・・・木の幹も太く逞しくなりました!
川中.JPG

“陽光(ようこう)桜”は、名前の如く陽を浴びて・・・青空に花の色が映えます。
登.JPG

なごり桜、銀婚樹、還暦記念、ピカピカの一年生桜、
阪神大震災/被災地に真心通へ温情桜・・・感謝桜に希望の桜・・・思い思いの
プレートが飾られ、記念の森には150本の桜が。
P4298269.JPG

記念の森と名づいた小山を降りると・・・同じ公園内に
夏になればホタルも飛ぶ?!(その年によっては飛ばない時もある)小川があります。
この川の両側に桜木が並んでいるのですがふらふら
ここは、湿地帯のせいか・・・手入れを施しても育ちがよろしくないふらふら
ほとりを歩くと聞こえる川の流水の音が穏やかな気分にさせてくれる
いい場所なんですが・・・桜木には相応しくないようです ↓↓↓
山本直樹@.JPG

川を少し上流に道路と平行した斜面・・・
そこには宮城県石巻市の会員さんの桜が ↓↓↓ 元気いっぱい花をつけて
くれました。少しでも“チカラ”になりたいと会員みんなで応援しています。
つい先日、石巻市にこの写真を送りましたメール 届いてるかなぁ〜
冨永敦子@.JPG

ログハウス周辺の斜面にも何十本と並んだ桜。
ここは、大きな蕾の勢いが思わぬ4月のミゾレで止まった感じ?のまま・・・
あまり進歩がない?! 場所全体的に中途半端な咲き方となりました。
DSCN2061.JPG

場所を変えて・・・
〜 高野山大学の校内から 〜

この春も記念桜が学生さんの心を和ませてくれたことでしょう。。。
IMG_0523.JPG
楠野.JPG
山本(大学).JPG

桜が咲く限り、植樹された人の気持ちを大切に・・・
『記念さくらの集い』続けていきたいと思います。
植えられた方から、その子供さんへ・・・そして、お孫さんにまで・・・
引き継がれている桜への思いを春に育んで。。。
来年は、又みんなで楽しいお花見会が出来ますように!


posted by べっぴん❶号 at 15:51| 和歌山 ☁| 知っ得情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

しゃくなげ見頃・・・


高野町の「町花」シャクナゲが各所で見頃を迎えました。
例年でいうと、ゴールデンウィーク後半を見頃とするところ
今年は遅い開花となった。。。
急激な気温の上下変化に・・・桜、しゃくなげ等々・・・春の花が・・・
咲かせるタイミングをおかしくしてしまったのかも。

冬の寒さ、厳しく常緑広葉樹の少ない高野山で・・・
シャクナゲは、山内の塔中寺院に庭木として古くから珍重されていた
そうです。「石楠花」と呼ばれている種類は、葉の裏に褐色の綿毛を
密生するツクシシャクナゲと、その変種で、若い葉には有るけれど
後に短い毛だけになるホンシャクナゲの2種を言うそうです。
栽培農家では後者を「ナゲ」(無毛?)などとよんだりもする???とか。
コウヤマキの露店で特産品として売られていたりしますが。。。
各家庭に持ち帰って育てるにも、高山に適した植物のため・・・
気候状況も違うと、なかなか育生は難しいと聞きます。

高野山で見かけるのは、ホンシャクナゲ。少し厚めの葉っぱに
ピンク色の花。シャクナゲを知らない人はツツジと間違うようです。

それでは、見頃を迎えてきた?と思われるシャクナゲを
画像でお楽しみください。 

『金剛三昧院』 (県指定・天然記念物)シャクナゲ
  昨年に比べ、花の付きは若干悪いようですが、群れは見事です。
  6〜7分咲き/今週いっぱいが見頃と思われます。
DSCN2108.JPG

『金剛峯寺門前』 のシャクナゲ
  陽のあたり具合で・・・連なっていても ほんの数bで全く
  花の開き方が違いました。まだ蕾もあれば、満開も・・・。
DSCN2114.JPG
DSCN2118.JPG

次は ↓↓↓ 私も時々訪れる場所ですが・・・ここにも綺麗なシャクナゲを発見!
伽藍周辺の『蓮池(はすいけ)』 を囲むように・・・
  新緑に、橋や鳥居の朱色が映え、又花の色が鮮やかに。。。
DSCN2121.JPG
DSCN2122.JPG

高野の山上は、今・・・私的に・・・自然を一番感じる新緑に包まれています♪♪♪



posted by べっぴん❶号 at 12:26| 和歌山 | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

しゃくなげ&白藤の開花状況A


先日のこと、青々した蕾だった花が数日の陽気にピッチを上げて
開いてきましたかわいいかわいいかわいい もう少しで見逃すところでしたあせあせ(飛び散る汗)

高野山・総持院の門をくぐり直ぐにある庭の白藤が・・・
数日前にまだ開かなそうな・・・青い蕾だったのに?!満開状態に目
芳香漂わせ見事な白藤が今“満開”です。。。
この藤は、明治34年 小松宮彰仁親王がそのすばらしい幹をみて
「登龍藤」と名付けられたそうです。
その様子は、門の外からでも伺えます。
総持院の藤 B.JPG

大きな白い花房は老樹とは思わせない咲きっぷりで樹齢千年の貫禄を
感じさせるものです。

さて、金剛三昧院のシャクナゲは・・・
金剛三昧院しゃくなげ.JPG

所々、やさしいピンクの花色が見えてきました。
2分咲きくらいです。 こうなれば・・・天気の具合もあるけど、満開も近いのでは・・・
金剛三昧院しゃくなげC.JPG

金剛三昧院の大シャクナゲ(ホンシャクナゲの群生)。
高さ10b以上の大木もあり、樹齢400年以上とも伝わる高野山の歴史とともに
生きている、和歌山県指定天然記念物。満開をお楽しみに!

シャクナゲは高野町の町花になっています。
山内各寺院の到るところで目に映ると思います。
ここにも・・・↓↓↓ こちらは、金剛峯寺門前に塀に添って咲くシャクナゲの様子。
今、6分程度の花付きです。
金剛峯寺前しゃくなげB.JPG

霊宝館にも。入口でピンクの花が目立ち始めました。
霊宝館しゃくなげ.JPG

ほのかな花の香りに・・・新緑の葉が揺れるなかから漂う自然の香り・・・
シャクナゲは、今週末か・・・来週中が見頃です。
総持院・金剛三昧院、各寺院の中に入られる際は、必ず寺務所へ
お声がけしてくださいね。。。





posted by べっぴん❶号 at 10:39| 和歌山 | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

三本杉


雨が降りそうで・・・降らない・・・と、思ったら午後から降りだした。
予報では、週末までこの調子が続くらしい。

今日は雨だけど、冬から春を迎え初夏へ〜この季節になると・・・山歩き姿と思われる
リュック背負った人たちを見かけることが又多くなってきました。。。
寒くもなく、暑くもなく! 新緑の季節のなかを歩くのが一番心地良いかも・・・

つい最近の記事“ババジャコ”の話で画像でも紹介した、奥の院裏手の山道。
ババジャコが泳ぐ“玉川”の近くに『三本杉』があります。
子供の頃、モノ心ついたころから三本杉と呼んだ場所。。。
DSCN0605.JPG

名前の通り、三本の杉が大きくそびえ立つ。
これと言って・・・三本杉の云われって?考えたことなかったけど
ふと、三本杉にまつわる物語でもあるのかな〜と思ったけど、そうでもなかった^^;

三本杉は三本の巨木が寄り添うように・・・古道の傍らに立っているためにつけられた
通称だそうです。この三本杉周辺は、静寂に包まれており・・・
空を見上げれば広く開けた空間が、とても開放的に感じる。。。

そんな三本杉から奥へ続く道・・・ 更に静か、和らいだ空気に変わっていく・・・
DSCN0604.JPG

その奥へ奥へ進むと・・・豊な自然に包まれ心癒される森。。。
 〜森林セラピー基地〜 世界遺産・高野山千年の森
心と身体の浄化・空海の歩いた道とされる静寂な場所。
林野庁が主導する森林セラピー実行委員会が組織され、科学的なデータに基づき
ストレス軽減などに優位な効果が証明された森林で「森林セラピー基地」として
認定されています。

興味ある方、お問合せは、総本山金剛峯寺 山林部内 ↓ ↓ ↓
高野『めざめ』の森づくり実行委員会へ ↓ ↓ ↓
http://www.koyasan.or.jp/forest/taiken/therapy/index.html


posted by べっぴん❶号 at 15:34| 和歌山 🌁| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

思い、心!


ゴールデンウィークも終わり、いっきに人通りが淋しく感じる月曜。
高野山は晴れ! 徐々に気温も上昇。。。

この大型連休初日の29日から休暇を利用した数千人のボランティアが
続々と東日本大震災の被災地へ入ったと新聞に。
ゴールデンウィーク中、岩手・宮城・福島の3県で活動するボランティア数は
1日あたり約8000人だったとか…。

5月5日・こどもの日に被災地の空に泳ぐ、約200匹の青いこいのぼり。
宮城県東松島市の高校3年生男子が津波で壊れた自宅にこいのぼりを飾って、
追悼の太鼓演奏会を開いた。その高校生の男の子は、震災で母親と弟、
祖父母を亡くし、弟(5)が好きだった青色で子どもの鯉のぼりを沢山飾り
太鼓の響きとともに天国へ冥福を祈ったというニュースを見ました。

http://www.youtube.com/watch?v=dShHMvy0cEg

『青い鯉のぼりプロジェクト』
http://www.wadaiko.info/ritsunoyume/pg59.html

震災で亡くなった子どもたちのために…
今、被災地に生きる子どもたちの未来に…

人々の色々な思い。
それは色々なカタチで被災者のチカラになる。
一人一人の力が合わさったとき、とても大きな大きな…
チカラになるんだと感じたニュースでした。

そう、ここ高野山でも様々なカタチで人々のココロが動いていますよ。
アンテナショップ『橋本伊都広域観光情報センター・憩来』では
『千のココロ』を被災地へ!という活動が始まりました。

千人目指して…応援メッセージを募っています。
ハート型の紙にのせて〜千のココロを…
主たる機関を通じ届けてくれます!

詳しくは… http://tukinoko-rin.seesaa.net/article/199663181.html

高野山にお越しの際は、ぜひぜひハートに1枚、ひとココロください。

★ 〜憩 来(いこら)〜 店 舗 詳 細 ★
【営業時間】午前10時00分〜午後4時00分
【休 店 日】4月〜6月/10月〜3月:毎週水曜日
      ※但し、水曜日が祝日の場合は翌日休店
      7月〜9月・・・無休
〒648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山803番地
      (高野町観光事業推進委員会)
       電話 0736-56-3006 



posted by べっぴん❶号 at 12:17| 和歌山 ☀| 日々是好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

高野七不思議@ ババジャコ!


高野山森林公園から、奥の院裏山へ・・・
DSCN0610.JPG

奥之院御廟近くの「玉川」で泳ぐアブラハヤ。
高野山で通名 ババジャコ!  ババジャコってわーい(嬉しい顔) おもしろい名前わーい(嬉しい顔)
DSCN0609.JPG

写真では分かりにくい??? ヒョロヒョロ〜泳いでる魚、分かりますか???
この魚が通名ババジャコ! 背中に串を刺したような模様があって
それについての伝説が 『高野七不思議』 のひとつ話しにあります。
また、当ブログでも七不思議の他のお話しも紹介していきますね。。。

『高野七不思議』“焼いた魚が泳ぎだす”
むかし、お大師さまが玉川のほとりを通りかかったとき、
おばあさん(山男という説もある)が、魚を串にさし焼いていたとか・・・
お大師さまは「おばあさん、私にも魚をいただけませんか?」
そう尋ね、おばあさんから魚を買い取った。
串に刺された魚をおばあさんから受取り、お大師さまが魚から その串を抜いて
玉川の清流に放してやると、半焼けの魚がたちまち甦って泳ぎまわったそうな。。。
魚はお大師さまの恩を忘れずに、背中に焼けた串跡を残している、というお話です。

おばあさんは、小魚がすいすいと泳ぎはじめた姿をみて殺生の罪をくい、
それから魚をとることをやめたとか。
小魚の斑点はお大師さまに助けられた時の串のあとというわけです。

だから、今でもお山の人はこの魚を食べないとも伝わっています。。。
そんなババジャコのお話し、画像では背中の斑点まで写せませんでした。
あしからず・・・。



posted by べっぴん❶号 at 10:38| 和歌山 ☁| その意味?教えて! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

しゃくなげ&白藤の開花状況@


高野の山に桜が散り始めたころ・・・
次の楽しみとしてシャクナゲが花開きだす頃なのに???

毎年なら、今ぐらいには高野町の町花でもある『シャクナゲ』が満開の時期を
迎えます。高野山内の伽藍や塔頭寺院境内,周辺の山林に『シャクナゲ』が
競うように咲き誇るのですが・・・
今年はどうしたことか?遅れた桜とともに気候に邪魔されたのかな〜?
まだまだ、シャクナゲの開花をお知らせ出来る状態ではない。。。

シャクナゲは高山植物。赤やピンクの鮮やかな花をつけ・・・和シャクも、洋シャクもある。

お問合せは多くなったけれど。。。
高野山上の寺院境内等あちこちでシャクナゲ(和)が見ごろになり、
目に楽しまさせてくれるのは、5月中旬?になるかも。。。

そんな状況を、特に有名な金剛三昧院へGO!・・・偵察してまいりましたぁ!
寺務所の方、曰く・・・『残念ながら、まだまだ蕾も固いんですよ。
今年は、この調子でしたら5月中旬にはなりそうですね〜。でも、天候にも
よるし、何とも・・・。難しいです!』

納得でした。 ↓ ↓ ↓ (5月6日現在)
DSCN0568.JPG

まだまだ、蒼く固い蕾です。
DSCN0566.JPG

次にお問合せをいただく金剛峯寺近くの宿坊・総持院の白藤。。。
こちらも蕾でした。大きな花房をつけるのは、あと、しばしお待ちを〜。
DSCN0582.JPG

白藤の老樹。こちらも5月中旬か?
DSCN0581.JPG

いずれも、お庭観賞の際は・・・各宿坊の寺務所に必ずお声がけください。
(宿坊の行事、都合等により、見学できない場合もあります。)


posted by べっぴん❶号 at 16:12| 和歌山 ☁| 知っ得情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春〜爛漫〜


大型連休も後半に突入・・・。
このGWは、遅咲きの桜に彩られるんるん たくさんの花の香りに心が和みました。

高野の花彩りの風景を画像でお届けしましょう。。。

まずは一の橋表参道を正面に左に見える宿坊、清浄心院から・・・
塀を乗り越えて咲き誇る有名な“傘桜”(画像右)。
DSCN0505.JPG

上の写真で画像左は、しだれ桜。 アップでもご覧下さい ↓↓↓
まるで花のカーテンのようぴかぴか(新しい)・・・見惚れるほどです。。。
DSCN0514.JPG

高野山森林公園へ行くと地味に群れをつくっていた・・・姫踊り子草。
ヒメオドリコソウ?! 可愛いらしい名前の草。
お姫様が踊ってるように???見えるから??? つくしも・・・一緒に。
DSCN0488.JPG

こちらは高野山の入口、大門を取り囲む塀に沿って咲く雪柳(ゆきやなぎ)。
DSCN0521.JPG

桜の頃は少し過ぎてしまったけれど。。。
千手院橋、高野山の中央に位置する宿坊・蓮花院のお庭を拝見。
(通常は宿坊のなかを自由散策できません。)
宿坊にお泊りいただいたり、お食事(昼食)を御利用されましたら
ご覧いただける中庭です。。。しだれ桜にも色々。白に近いピンクでした。
DSCN0589.JPG

風や雨とともに1枚1枚の花びらが飛び散るころ・・・
又、違う花々や野草が見頃を迎えます。 高山ならでは生息するするモノも。。。
自然が織り成す風景は、心を和ませてくれますよ。。。

連休最終の・・・この週末、ぜひ高野山へグッド(上向き矢印)







posted by べっぴん❶号 at 15:08| 和歌山 ☁| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

高野山賑やか!


ゴールデンウィーク、今年に入って一番の混雑。
従来に比べれば、少ないのかな?と思うけれど。。。
あちら、こちら道歩く人の多いこと!
ようこそ、高野山へお越し下さいました。
ありがとうございますの一言です!
町が賑やかなのは本当に嬉しい限りです。

そんな、今日、高野町観光事業推進委員会(高野町・観光協会・
商工会)では、金剛峯寺前でテントを出し“まちなかインフォメーション”と
お茶のお接待を行いました。5/3〜5/5(3日間)行います。
散策道中『のどが渇いたぁ〜』・・・そんな時、ぜひ、一息お立寄りして下さい。
DSCN0542.JPG

金剛峯寺前は“しだれ桜”と“こうやくん”のパネルが大人気でした。
DSCN0561.JPG

そして、今日から金剛峯寺の『春季結縁灌頂』が開壇されました。
こちらも本日より3日間。。。
DSCN0548.JPG

まずは、大塔で受付を・・・
DSCN0556.JPG

会場では、整理券の順で案内してくれます。
DSCN0553.JPG

こちらの会場では、ほんものの“こうやくん”が登場していたそうです!
どうぞ、高野山の春の魅力を満喫して癒される時間を過ごしてくださいね。



posted by べっぴん❶号 at 17:50| 和歌山 ☁| 高野山の行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西行桜


大伽藍、三昧堂前の老樹で・・・
西行法師の特に愛した桜と言われている『西行桜』。。。

チョット見頃のピークは過ぎてしまいましたが
まだ、咲いています。

「願わくは花の下にて春死なむ、そのきさらぎ望月の頃」
DSCN0538.JPG


posted by べっぴん❶号 at 09:10| 和歌山 | 高野山散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

絵手紙!ココロ宅配便!


今日は、アンテナショップ『橋本伊都広域観光情報センター・憩来』からの
お知らせをご紹介します。。。

高野山・壇上伽藍近くにある“憩来(いこら)”では、高野山周辺地域の
ホットな情報が入手できます。
高野山へお越しいただく行き帰り・・・チョットした立寄りに・・・
見所やお食事処等々を紹介してくれます。

そんな憩来さんで、この度、 絵手紙の心宅配便 が始まりました メールハートたち(複数ハート)

旅先から、あなたの心を絵手紙に乗せて・・・
大切な人へ、ふるさとに、お父さん・お母さんへ。。。
今被災地へ応援メッセージを! あるいは、旅先から明日の自分へ。。。

高野山には、弘法大師空海が伝えたとされる“高野紙(細川紙)”が
あります。悠久の昔から、歴史・文化を伝え引き継がれてきたもの。
ココロ静かに思いを手紙にして・・・
旅の思い出を綴られても・・・ 
旅先だから、描ける!そんな気持ちを「ココロ宅配便」として憩来さんが
お手伝いしてくれます。《1枚300円、1セット500円》

お大師さまが歩かれた旅路・・・
清浄の地・高野山から宛てる1枚のふみ。。。

どうぞ、高野山へお越しの際は憩来をのぞいてみて下さい。
絵手紙! おすすめです揺れるハート

詳しくは 次項有 http://tukinoko-rin.seesaa.net/article/198530350.html
( ↑ 憩来スタッフブログから)

お問合せ先:橋本伊都広域観光情報センター・憩来 次項有 電話0736-56-3006




posted by べっぴん❶号 at 11:07| 和歌山 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

金剛峯寺の宗紋(家紋)


昨日、ご来所されたお客様から・・・こんな質問がありました。。。
これも知ってるつもりでいましたが・・・改めて言葉で問われると・・・
上手くご説明出来たかなぁ〜と、不安になり改めて調べてみました^^;
うん!私の薄覚えとほぼ同様の説明で^^; 良かったです。。。

質問は総本山金剛峯寺(高野山真言宗)の宗紋。なぜ、ふたつ? 意味は?
一般的に家庭でいう家紋とするもの。。。
↓↓↓ ちょっと分かりにくい画像ですが・・・写真両横の大提灯にある紋です。
DSCN0339.JPG

紋が二つあります。一般家紋は、ひとつですが二つで宗紋とされています。
「五三の桐」と「三頭右巴(さんとうみぎどもえ)」。

説明によると・・・
五三桐 - 豊臣秀吉拝領の青厳寺の寺紋。
三つ巴 - 鎮守・丹生都比売神社(通称・天野神社)の定紋。

空海・佐伯真魚は讃岐国の豪族である佐伯直田公の3男として生まれました。
巴紋は佐伯家の家紋でもあります。後に天皇から弘法大師の称号を
下賜された時に一緒に天皇家の家紋である5・3の桐紋も頂かれたとあります。
それからこの二つの紋が宗紋として定められたのだそうです。

桐の紋は皇室の紋でもあり、金剛峯寺の場合、白河・鳥羽上皇や藤原道真、
北条政子、豊臣秀吉など縁が深くあったことから、桐の紋を賜ったとも伝わります。
又、巴の紋は神霊の印として、神仏の加護求める神社の神紋や寺の寺紋に
使われる紋でもあるとも記されています。

高野山内では、よく目にする宗紋ですが・・・
意味は? お客様の方が関心を持っておられ・・・
自分の町の何気ない習慣や見慣れた諸々・・・
外から訪れられたお客様の不思議や疑問によって私自身の視野も変わります。
お客様から日々勉強です。。。








posted by べっぴん❶号 at 14:16| 和歌山 ☔| その意味?教えて! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。