2011年04月30日

奥の院散策に!


ゴールデンウィークが始まると…高野山上が急に賑やかになりましたわーい(嬉しい顔)
たくさんのお客様が高野山を訪れてくれています。。。
今、1ケ月遅れの春到来! 桜も ほど良く彩り寺社仏閣に飾りを魅せてくれていますぴかぴか(新しい)
山麓平地との…季節のズレ? 皆さんの地域で桜の開花とともに春の訪れを
感じられたであろう季節を。。。又、今…
高野の空気のもと“春”を感じてくださいるんるん
冷たくも暑くもない、心地良い風にあたり…高野山を散策してみてください。

金剛峯寺、根本大塔、諸堂を参拝された後は…
商店街をぶらり、ぶらり歩いてみて下さい。

そして、お大師様御廟のある奥の院へは是非お参りしてほしいです。
お時間があれば、一の橋表参道より…テクテク杉木立のなかを歩いて…
戦国武将、大名、文人、庶民にいたるまで あらゆる階層の人々の供養塔が
立ち並び、その数20万基を越えるとも云われる壮大さを体感して下さい。

そんな…ぶらり散策のるんるんるんるんるんるん 手もと資料として
『高野山奥の院の墓碑をたずねて』大好評です ↓ ↓ ↓
ぜひ、ぜひ、おともにご購入、ご持参してください。1部100円です(^^ゞ
DSCN1922-2.jpg

高野山観光協会 各案内所(中央・一の橋・中の橋)店頭にて
お買い求めいただけます。 旅の記念にもGOODですよ!





posted by べっぴん❶号 at 12:57| 高野山散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

桜咲く!

4/28現在の桜・開花状況を写してきました。。。
明日からの連休、高野山散策の参考としていただければ幸いです。

まずは、金剛峯寺前の しだれ桜! 今ようやく見頃です!
DSCN2046.JPG

たくさんの花が咲き乱れています♪♪♪
DSCN2047.JPG

こちらは奥の院(中の橋)入口に大きな桜木が今満開を迎えています。
DSCN2053.JPG

千手院から奥の院へ向かい、商店街をぶらり・・・ビルマ塔のそばに
背高く青空に映える桜木!!!
DSCN2054.JPG

ちょっと町中から町家をぬけて・・・高野山森林公園。こちらは記念の森。
高野山に思い寄せられた記念樹の森です。今、8分咲きです♪♪♪
DSCN2055.JPG

陽光(品種:ようこう)の濃いピンクが一面に心を和ませてくれます。
DSCN2056.JPG

同じく記念樹が植えられた公園の川のほとり、アヒルの池付近は
まだ、蕾も固く咲きが思わしくありません。
ログハウス周辺は、蕾が膨らんでは居るけど・・・あと少し時間が。。。

森林公園から離れ“高野山大学”は7〜8分咲き。
やはり、山麓とは1ケ月遅れ・・・それは本当ですね。。。
今年は特に遅かった。

参考まで、毎年5月初旬に見頃を迎える“しゃくなげ”も・・・
まだまだ蕾固し!開花の予想も未定の状態です。。。
この連休、高野の春を・・・自然を・・・ぜひ満喫してください。。。
posted by べっぴん❶号 at 17:17| 知っ得情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GWの臨時駐車場について!


◎混雑が予想されるゴールデンウィーク期間の 『臨時駐車場』 の情報です!
 
従来、一般駐車場(無料)として 御利用いただけるのは
大きくは「金剛峯寺前 駐車場」・「奥の院 中の橋駐車場」となっておりますが
この連休期間、混雑を予想し特別に『臨時駐車場』 が設けられます!

ただし、臨時駐車場については、利用時間に制限があります。
又、雨天時には御利用を控えていただく事もありますのでご注意下さい。

【臨時駐車場の詳細】(無料)

★ 高野山大学 駐車場
★ 高野山小学校グラウンド


※ 小学校については、グラウンドのため雨天時の入車はご遠慮ください。

利用可能日:4月29日・30日・5月1日と5月3日・4日・5日の6日間に限り、利用可。
      ※ 5月2日は不可
利用時間 :(開門)午前10時00分〜(閉門)午後4時00分


各駐車場とも、無人のため、一切の盗難、事故における責任は負えません。

【有料駐車場のご案内】
一の橋表参道入口 一の橋案内所
利用時間:午前9時00分〜午後4時30分
料  金:1時間まで400円、その後30分毎/150円増し
     ※ 駐車台数に限りがあります。


高野山内駐車禁止区間での駐車は交通の妨げともなりますので
マナーある駐車にご協力お願い申し上げます。

posted by べっぴん❶号 at 11:57| 知っ得情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴールデンウィークは高野へ!


あしたから大型連休ですね・・・
最長で10連休という方もあるとか。。。
お出かけで一番気になるのは天気ですよね〜。
あくまでも現在の情報ですが、高野山方面(和歌山県北部)の週間予報は

4/29(金)・・・晴れ
4/30(土)・・・晴れ時々曇
5/1 (日)・・・曇時々雨
5/2 (月)・・・曇
5/3 (火)・・・曇時々晴れ
5/4 (水)・・・曇時々晴れ
5/5 (木)・・・-----

4/29.30日、5/3〜5日がお出かけ日和でしょうか???

さて、まだ間に合う御宿泊に関する情報を!
高野山では、やっぱり宿坊に泊まっていただく事が おすすめexclamation×2
宿坊すなわち、お寺です!お寺の客間をイメージして下さい。。。
日常生活から少し違う空間へ、精進料理や本堂での早朝の勤行。
52ケ寺の宿坊が準備相整え、皆様のお越しをお待ちしています!

5/3日は満室も目だってきましたが、細かな条件や宿坊指定がなければ
まだご準備出来ます! その前後は、まだまだ御予約可能です!
もし、泊まりは無理だけど日帰りなら〜と言われる方には
宿坊で御昼食“精進料理”だけでも御予約承ります。。。
詳しくは、直前のことになりますのでお電話にて御問合せください ↓ ↓ ↓

高野山観光協会 電話0736-56-2616 予約受付時間(8時30分〜16時30分)
(当観光協会はGWも連日営業いたします!)


posted by べっぴん❶号 at 10:39| 知っ得情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

春季結縁灌頂(H23年)


例年に比べれば静かな感じもするゴールデンウィークの予約状況。。。
震災の影響でお出かけ自粛ムードも理解する一方、
観光地としては、人々で賑わうシーズンに活気も・・・ほしい現状。

さて、高野山のゴールデンウィークの各宿坊状況は
5月3日が一番混雑で既に満室となっているところ多し!
その前後は、52ケ寺宿坊事情はありますが空室は十分あります。。。
詳しくは、当観光協会へお電話でお尋ねください。

5月3日・4日・5日(3日間) は、毎年恒例の行事となりました
「春季結縁灌頂(けちえんかんじょう)」 も行われます。

仏様と皆様のご縁を結ぶ、又密教に触れていただく大切な儀式として
どなた様でもお受けいただく事ができます。
仏さまの世界を表す“曼荼羅”にお花を落とし、「仏縁」を結びます。
仏さまの世界を体験的に触れることによって・・・
誰のものでもない本当の仏さまにお出会いすることが出来るといわれます。


◆場所【金堂】 ※ 受付は金堂横の大塔です。

参加ご希望される方は、受付が必要です。
当日、会場にて受付終了後、整理券が配布され順番制で行われます。(予約不可)
又、入壇料(お供え)として お一人様3,000円の有料です。
ちなみに“春季”とされているということは“秋季”もあります。(10/1〜3)

詳しくは次項有 http://www.koyasan.or.jp/kongobuji/event/kechienkanjo.html


posted by べっぴん❶号 at 16:03| 高野山の行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

高野山 桜だより


高野山の桜の状況を写してきました。。。
まずは、総本山金剛峯寺を背景に彩る“しだれ桜”から
DSCN0477.JPG

膨らんだ蕾の重みで・・・下を向くばかり・・・
確かに先週よりは蕾がたくさん膨らんでるけど。。。まだ見頃には早し。。。
DSCN0478.JPG

しだれの一枝だけ花をつけていました ↓↓↓
DSCN0481.JPG

しだれ桜近く、金剛峯寺を正面に六時の鐘側の桜は今まさに満開ぴかぴか(新しい)
咲き誇っています!!!
DSCN0480.JPG

場所をかえて。。。先日このブログでご紹介した“記念さくらの集い”の桜木。
高野山森林公園、記念の森風景。。。
DSCN0465.JPG

うす〜くピンクに色づいてはいるけど、昨年より10日は遅い感じ。
DSCN0463.JPG

近くに寄れば、陽の当たり加減か・・・ちらほら咲いている桜もありますが
山をピンクに染めるのは・・・今月末?ゴールデンウィーク間近?かと思われます。
桜木の品種は“陽光(ようこう)”。濃いピンクのかわいい桜です。
記念の森.JPG

桜の集い会員さん、開花状況のご参考まで。。。
同じ高野山森林公園内でも他の場所は、まだ蕾も固く 今年は かなり遅れています。
高野山大学校内でも少し花が開きかけてはいますが、蕾が大半です。
今日は、会員さんがご自分の桜木を神戸からわざわざ観賞に来られていましたが・・・
すみません。まだ咲いてなくってふらふら







posted by べっぴん❶号 at 16:27| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奥の院で法話!


桜見目当ての ご来山者も多々あろうかと思う日曜。。。
今春は高野山内、場所によって まばらな開花。
数日の気温低下のせいか咲き具合が中途半端な桜木も見られます。
ただいま(午前9時30分)気温7℃。。。
予報は「晴れのち雨」午後より雨になる見込み。

さて、今日は耳寄りの情報をお知らせします!
この春から、奥の院(茶所)にて 法話が聞けるようになりました。
1日6回、1回の法話時間は約10分程度。
当観光協会店頭でも お客様に『法話を聞けるところはないですか?』と
よく尋ねられておりました。
そこへ行けば常々法話を聞ける!って所が今までなかったので御希望される
方には何よりの情報ですよね。
奥の院へお参りいただき、水向け地蔵、御供所からすぐ近く『茶所』として
ご休憩所があります。
そちらにお坊さんが待機され、お話しを聞かせてくださる様です。

◆法話時間は下記の通りです(いずれも約10分程度)
@回目: 9時30分 A回目:10時30分 B回目:11時30分
C回目:13時00分 D回目:14時00分 E回目:15時00分 

【お問合せ先】高野山真言宗・大師教会(9時00分〜16時30分)
電話 0736-56-2016

高野山にお越しいただき、ココロ・カラダともに癒される時間を・・・
リフレッシュを・・・ご自分へのお土産としてお持ち帰りくださいプレゼント ハートたち(複数ハート)



posted by べっぴん❶号 at 10:00| 知っ得情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

御逮夜法会 見学!


昨晩、旧正御影供の御逮夜へ。
夕刻には雨も上がり、持参した傘を一度も使わなくてもよかった。
大伽藍全域を舞台に盛大に執り行われました。。。

午後6時00分〜 『萬燈萬華会』と『奉詠舞』
*会場が花と灯明で飾られ、金堂を背に御詠歌と舞踊も披露されました。
DSCN0431.JPG

日暮に増して・・・お花を照らし灯明が浮かび上がり・・・
DSCN0434.JPG

諸堂を包むように・・・
DSCN0446.JPG

やさしい光が・・・
DSCN0448.JPG

幻想的でした。。。
DSCN0450.JPG

普段、開いてない諸堂の扉が開き、行法が執行されました。
又、年に一度の『御影堂』内拝が午後7時00分から始まったころには、人出も増して。。。
衣をまとった僧侶の列、お遍路姿の信者さん、外国人客も・・・

壇上伽藍は弘仁7年(816)から弘法大師が世界で初めて建設を開始した
真言密教の大伽藍壇上。大日如来が鎮座する壇、また修行の道場として
閑静清浄な所を意味します。
弘法大師が、大日如来を中心とした密教の教義や世界観を建造物や仏像、
仏画によって目に見える形で表現しようとしたのがこの伽藍なのだと云われます。

たくさんの人々が集い賑やかな中にでも・・・閑静清浄な場所だということを感じました。
DSCN0459.JPG

これ以降の画像 ↓↓↓ “たかじん”に似た?カメラを趣味にする知人M・K君からの画像提供です^^;
画像 049.jpg

画像 071.jpg

画像 093.jpg

画像 007.jpg

posted by べっぴん❶号 at 11:53| 高野山の行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

今夜“旧正御影供”開催!


ただいま雨。。。
夕方までに回復してほしいなぁ〜
今夜は旧正御影供(きゅうしょうみえく)が行われるので それまでに雨が止むといいんだけど・・・

お大師さまが御入定されたのは3月21日。毎年、この3月21日の旧暦に当たる日に行われるのが
旧正御影供。今夜は御影供の前夜「御逮夜(おたいや)」で御参拝に来られた多くの方々の
手によって、伽藍(がらん)全体がお花とロウソクで埋め尽くされます。
午後6時半より伽藍御影堂付近で御詠歌・舞踊の奉納も。
午後8時には「御逮夜法会」が執り行われ、そのあと、年に一度しか内拝することができない
御影堂内が参詣できるので・・・大勢の信者さんたちで賑わいます。
一般の方もご見学、ご参拝できます。


◆ 旧正御影供(きゅうしょうみえく)
場所:伽藍御影堂
※ 詳しくは こちらをご参考に 次項有 http://www.koyasan.or.jp/news/kyushomieku.html




posted by べっぴん❶号 at 11:20| 高野山の行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

第2回お逮夜参り終了


昨晩、第2回目の『お逮夜ナイト・ウォーク』が行われました。
まだまだ肌寒い夜、約60名の方々にご参加いただき有難うございました。

スタートに際し、高野町長より・・・
東日本大震災に伴い、これまでに高野町消防署から援助隊員として職員さんを
派遣されたこと、又別件で高野町役場の職員さんが現地の支援活動に参加された
ことについて、その後、支援に触れた被災者(宮城県石巻市)の方から
高野町役場に1通の手紙(お礼状)が届いたと、一文が披露されました。。。
現地に着いた連なる消防車、和歌山県から。
その救助隊を拍手で出迎える思いが感動の涙となり止らなかったこと。
心強く、支えとなったという感謝の気持ちが綴られたものでした。
援助隊として現地を目の当たりにした人、その人を見送り帰省をあらゆる思いで
待たれる家族。送り出す立場の機関。。。
そして、そんな皆んなの思いが重ね重ねられたココロが支えとなり・・・
未だ被災の最中にいる方がペンを握り“ありがとう”の感謝を伝えようと手紙を
書き送られた その方自体ココロの強さ。
立場、立場で人のココロがあることを考え胸が熱くなりました。

一の橋の表参道より奥の院御廟まで片道約2`。往復すること4`の杉木立。
昨夜は凛と澄みきった空気を吸いながら・・・
空を見上げると・・・巨木が立ち並ぶ杉の合間から星も綺麗に輝いていました。
夜間のこと、特別に奥の院の僧侶がお出迎え下さり心経の頭をとって下さいました。

奥の院では、日常に ご供養の受付、読経が行われています。
(受付時間午前8時30分から午後3時まで。予約は不要。)
燈籠堂で読経をあげてのご供養は1日6回、現在は参列される方に予め
『東日本大震災で犠牲になられた方々のご冥福も伴にお祈りさせていただきます。
皆様もご先祖供養とともに、もうひとつ震災で被害に遭われた方にお祈り下さい
ましたら幸いです。』とお声がけされ実施されているとの事。
ちなみに1回の読経は約1時間だそうです。×6回・・・6時間!!!

〇ご参考まで・・・読経供養開始時間 ↓ ↓ ↓
1座目 午前9時
2座目 午前10時20分
3座目 午前11時30分
4座目 午後12時40分
5座目 午後1時40分
6座目 午後2時40分
(諸行事により時間等を変更する場合もあります。)

来月も・・・ お逮夜参りは毎月20日夜7時00分から開催します。
同じ場所(奥の院)を同じように歩いても・・・月毎のテーマによって
又、季節によって・・・観る景色や感じることが違うと思います。
少し立ち止まって深呼吸、張り澄んだおいしい空気を吸うだけでもリフレッシュです♪
20日の夜、高野山宿坊に泊まって・・・一度は参加してみてください。。。

★昨晩のひとコマです★
DSCN0409.JPG



posted by べっぴん❶号 at 12:26| 日々是好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

今夜!お逮夜参り〜第2回目〜


昨日・・・雨が一時ミゾレになった。。。
恐るべし!高野山!4月春の陽気が一転し今朝も気温が低かった。。。
桜も開花直前に戸惑っているかも。
今年は去年に比べ、10日ばかり遅れているかなぁ。。。

さて、今夜は 『心の癒し・お逮夜ナイトウォーク』 の第2回目 が行われます。
先月(3月)から初めての試みで始まった奥の院への夜参り。
毎月20日の夜に行うということには、大きな意味があるんですよ。

『お逮夜(おたいや)』って聞きなれない言葉だと思いますが
一般的には四十九日や一周忌、定められた供養日の前日や命日の前夜を意味します。
お大師さまが高野山奥の院にご入定されました旧暦3月21日ということより
毎月21日はお大師様の日(命日)として、その前夜を『お逮夜』としているのです。

そんな意味ある夜だからこそ・・・機会をいただいて・・・みんなで夜参りを。。。
高野山の歴史や文化に向き合い、夜の奥の院へ・・・

高野山へ住んで居ながら、昼に奥の院へお参りすることはあっても
なかなか夜の奥の院へお参りする機会もなく・・・
一人で歩くには これまた・・・勇気?!がいる? でも皆んなで行けば楽しくもある。
先月参加して思ったこと、同じ奥の院でも昼にない空気というか・・・静寂な空間が
更に強調されたような。。。まさに聖域を感じた。
皆んなで提灯持って着いた先、燈籠堂内で響く読経も考え深い体験になりました。
お坊さんたちが沢山並ぶ法要は高野山ではよく目にする光景。
でも、僧侶、高野山へ訪れた観光客、外国人、町民・・・一体となって心経を唱える
時間も素晴らしく貴重な体験が出来たと思った。

今宵は第2弾、大震災から1ケ月が過ぎましたが・・・
再度、高野町から被災地の復興を願って祈ります。

今回のテーマは『復興を願って!』。
★ 一人のチカラは皆のチカラ! みんなの思いを心の支えに! ★
日常に当たり前の生活が出来る私たちがこの心を持ち合い持続させることも
復興への一歩につながることを信じ開催いたします。

◎日  時:4月20日(水) 午後7時00分〜約2時間
◎集合場所:一の橋 表参道入口(最寄バス停:奥の院口前)
      ※ 高野山観光協会 一の橋案内所へ時間までにご集合下さい。

★総本山金剛峯寺さんの特別なご協力を賜り奥の院燈籠堂を開けて下さいます。 
 どうぞ、お一人でも多くの方のご参加をお待ちしています。

posted by べっぴん❶号 at 10:11| 知っ得情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

頑張ろう!日本!


日曜日、清々しい朝。
週末は車の動きが平日より多くは感じる。けど・・・
毎年なら もっと賑やかなはず。。。
やっぱり大震災以降・・・関東方面のお客様が少なくなったからかなぁ〜。

特に ここ数年は4月から外国人の訪町が目立って多くなる時期でもあって
当観光協会案内所の店頭は大きなスーツケースやリュックを持参した人々で
大賑わいのところ・・・目に見えて減少している。。。

高野山だけではなく他地域の観光地でも・・・大きなダメージを受けている事が
報じられている。東日本大震災の発生翌日3月12日以降4月初旬までの間で
和歌山県内の宿泊施設で予約キャンセルが約4万人に達していた事が
県観光振興課のまとめで分かったとも発表されている。
震災発生から1カ月。。。
福島第1原発事故による放射能汚染を恐れて渡航を控えるケースも多い現状。

関西圏は原発から500キロ以上離れているけど、誰しもが予想もしなかった
事態に陥った日本全体の問題として・・・人ごとではない、と本当に感じる。

被災地の人たちの この1ケ月を・・・いや、今、明日、先の見えない毎日を
これから どう?・・・いつに?・・・安堵できる日を迎えられるのか?
そんな思いを抱えながら・・・哀悼、悲しみに浸る間もなく・・・
自分のことをおいて自主的なボランティアに取組む人の姿や助け合う精神・・・
頑張っている人たちのことを思うと・・・ 
何不自由なく日常の生活が出来る地域に今居る私たちから・・・
支援の羽を広げ・・・元気な町がこの現状を試行錯誤して 観光客や参拝客を
一人でも多く取り戻して・・・義援の一部にでも繋がれば・・・。心から思う。

カタチにして見えるもの・・・見えないもの・・・
今はどんな“チカラ”でも皆で信じて何かをしたいと思いますよね。。。

先月21日のお大師様の日 前夜、20日の夜に“お逮夜ナイト・ウォーク”と
題した『お逮夜参り』の第1回目を実施しましたが
今月も第2回目(4月20日・夜)が行われます!
前回は“被災者へ高野山から祈り”というテーマのもと、大震災において
犠牲になった方々のご冥福をお祈りし、多数の負傷者や被災されている方が
どうぞ救われますように、併せて被災地へ救援に行かれている方の安全も
お祈りしました。約100名の方に賛同いただき、心に残る お参りが出来ました。

この度は、今、頑張って苦難に耐えられている地域、人々、大きくは日本全体。
1日も早い復興と、元気な笑顔を取り戻せるよう願い、高野山からお祈りする
こと目的とした お逮夜参りです。
私たち自身が日常に感謝し、高野町から被災地の希望へとつながるチカラとして。
厳しい寒さも少しずつ和らぎ、寒さは感じても・・・それも歩いていれば心地よい
時間となります。。。心癒される時間ともなりますように。
皆様のご参加お待ちしています。。。 詳しくは ↓ ↓ ↓

◆ 心の癒し・お逮夜ナイトウォーク ◆

日  時: 平成23年4月20日(水) 午後7時から 雨天決行
集合場所: 一の橋表参道入り口(高野山観光協会・一の橋案内所)
コ ー ス: 一の橋表参道入口 → 参道 → 弘法大師御廟 → 参道 → 一の橋表参道へ戻る 
※ 参加費等は不要です。どなたでもご参加いただけます。

主  催: 高野町観光事業推進委員会

【お問合わせ先】
高野山観光協会(年中無休)       0736-56-2616
高野町観光情報センター(土・日・祝休) 0736-56-2468

posted by べっぴん❶号 at 11:04| 日々是好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

記念さくらの集い


週末、どんよりと・・・雲が多い。
予報では、午後から回復する見通しですが。

本来であれば、今日〜明日にかけて『記念さくらの集い』を開催する予定だった日。
今年は大震災に伴い自粛(中止)した会員制のイベント。
高野山の“さくら”は未だ蕾が多い。。。
見頃は来週から月末くらいかな・・・

この『記念さくらの集い』は、毎年4月下旬ころの週末に開催。
全国各地より、高野山に植樹した自分の桜をケアするために一年に一度集う。
それぞれ、思い入れのある桜。ケアの後は皆んなで・・・お花見会。
この集いで知り合った会員同士が和気藹々と・・・ほのぼのしたイベント。。。

会員制のイベントなので・・・こじんまりと実施しているけど・・・
今年開催していたなら14回目を迎える。
毎年、100名近い参加者のもと楽しく盛大に〜♪♪♪〜
私たちスタッフも仕事を通じ、人と人の触合いを学び・・・
ココロをリフレッシュさせてもらう。

『記念さくらの集い』は、“高野山に植樹した1本の桜”と“高野山を心の故郷と
する人たち”で結成されたもの。
さかのぼる事16年前。大阪市内で喫茶店を経営されていたご主人からのご相談で
高野山に桜を植樹したいと。この方の呼びかけで「花は植えて育てりゃ、なお楽し!
1本の桜を通じて夫婦で絆を深め、人生をより豊なものに・・・。」と、
「夫婦で桜を植える会」として全国に呼びかけをし、京都・美山町に植樹活動を
していたという。美山町に植樹地がなくなり・・・次は高野山に植樹できないか?
そんな依頼から始まった「植える会」。
そして、それが平成7年のこと。。。
その年を初めに「高野山に植樹しませんか?」と全国募集されたことに大反響をよび
多くの方からの申込みにより、喫茶店ご主人が世話人で・・・
地元高野町と私たち観光協会では、場所の段取りと宿泊手配のお手伝い役として
協力させてもらいました。
植樹した桜に個々のプレートが吊られ、桜への思いが綴られていました。
その年の1月、阪神大震災が起き・・・
被災された方たちの参加も目立った。震災で娘さんを亡くされ その冥福を祈る桜。
故人が桜が好きだったからと植えられた思い出の木。戦死されたご主人の50回忌に。
交通事故で亡くした息子の思い出に。
悲しい桜ばかりではない・・・夫婦金婚式、孫の誕生記念樹、人生に感謝桜、
夫婦すこやか桜、希望の桜etc・・・。この植樹は3年間実施され・・・
4年目も実施依頼があるのだろうと・・・予定していた3年目のイベント終わりがけ、
世話人から「みなさん、今年で高野山は終わりです! 来年は又京都へ、哲学の道に
行きますよ〜」と!!! ダチョウ倶楽部じゃないけど^^; えぇ〜聞いてないよぉ〜
状態で地元スタッフは目が点! 当初の話では、自分たちで出来る限りのケアも
しますから?! 結果、植樹者を募るだけ募り、植えるだけ植え・・・もう高野山は?!
みたいな。確かに植樹地の確保も難しくはなっていたけど。。。
運営の全てを世話人ご夫婦がしていたので、高野山へ来て下さる方に対し、感謝の
気持ちから出来る限りお手伝いをしよう、そんな思いもむなしく・・・あっさりした
お別れでした。
それから、後で色んな情報を知ることとなった! 金銭的なトラブルも運営のなかで
あったとか、過去の植樹地でも同じかたちで ある年去って行ったとか・・・
ただ、それは私たちの触れることではないので・・・。

往く所往く所で桜を植える人、主催者の発想に共感した人、様々だったと思う。
ただ、何よりも『高野山だから植えた』という参加者(会員)の思いに触れ
高野山に植えられた個々の思いを大切に地元で立ち上がったのが今に至る。。。
「夫婦で桜を植える会」を経て『高野山記念さくらの集い』として高野山に事務局を
作ることにした。それ以降も植樹の希望はあったが、それにも限度があったし、
この集いの基本はあくまでも“自分たちの桜木を育てる会”として運営している。

総植樹数525本。
地元では、ちゃんとした植樹者のリストたるものも前者からいただけなかった(>_<)
具体的には植樹自体には携わっていなかったので、宿泊手配をしていた過去の名簿と
資料だけを頼りに数年の調査を要し、現場(植樹者)のプレートとの照合は苦難でした。
中には、風でプレートが飛んでしまい持ち主の分からない木も。
代理植樹されていた木は持ち主の手がかりもなかった。。。
何とか何とか調査し350組の植樹者を探り当て・・・
そんな数年を乗り越え、今、育てる会に賛同してくれた多くの方と成り立っています。

本年は、こんな思いを持った会員だからこそ・・・
大地震の被災地に向けて今出来る事を!と、思いは熱かったけれど。。。
実際に被災地となった地方から参加してくれる予定の会員さんもあり・・・
個々の思いを今は被災地への支援に変え、来年この思いを持って再会しようと。

高野山森林公園内、高野山大学構内に数箇所広がった桜・・・
品種は陽光(ようこう)。高野山の厳しい冬にも耐える北海道、東北産の山桜。
残念ながら成長できなかった桜もあるけど。。。
あれから16年という月日が高野山の春に微笑ましく花を咲かせ
地元住民にも心の癒しを与えてくれています。 ありがとうございます。 
その桜たちは、今・・・蕾に日差しを浴びるたび・・・
植樹者の思いに花開こうとしていますよ〜。

被災地となった宮城や福島から、今年参加予定だった人・・・強いです。。。
「来年は大好きな高野山へ、絶対行きます!笑顔で行けるように頑張ります!」と
逆に元気をもらいました。 来春は みんな元気いっぱいに集いましょう♪♪♪
今年、見頃を迎えたころ・・・このブログでご紹介したいなぁ〜と考えています。

posted by べっぴん❶号 at 12:01| 日々是好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

春探し!


午後から気温回復。。。
少し気温が上がって日差しが差してきました〜♪♪♪〜
今日は、観光バスもよく見かけます。。。

ちょっと昼の合間に春探しに出かけてきました。
つい数日前に蕾も固かった金剛峯寺前の“しだれ桜”
↓ ↓ ↓
DSCN0385.JPG

ピンク色も濃くなってきました♪♪♪
DSCN0387.JPG

こちらは一の橋表参道入口横の清浄心院さんの塀中の“しだれ桜”を
ちょっと失礼して^^; 塀中のしだれ桜は蕾をつけたばかり・・・
塀の外にある桜木が可愛く咲こうとしています。。。
DSCN0382.JPG

DSCN0383.JPG

10日後?2週間後?が見頃でしょうか・・・


posted by べっぴん❶号 at 14:14| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百味の膳・お餅受付中!


今日の高野山、天気は良いけど気温が低く、空気が冷たい・・・。
高野山の麓、紀の川沿いでは梅や桃、桜等々が・・・満開に咲き乱れています。。。
その前線が少しずつ少しずつ高野へ向かい上ってきているのは確かですが^^;
“高野の春”待ちわびる。。。

さて、本日は来る4月22日(金)23日(土)に行われる旧正御影供に
伴う情報です。

毎年、お大師さま御入定の日に大伽藍御影堂にて「旧正御影供法会」が
執り行われますが、総本山金剛峯寺では このご勝縁の機、日々御加護を頂いている
お大師さまへのお供え『百味の膳』『お餅』を受付されています!

百味の膳とは・・・
年に一度ご開帳となります御影堂内において、お大師さまの御前に多種多様なる
飲食供具を奉納供養する報恩行のことをいうそうです。。。

受付期間が3/1〜4/15までとなっており・・・締め切りが迫っています^^;
〇 お餅一重  1口 金 5,000円
〇 百味供志納 1口 金10,000円

◆ お供えのお申込方法等、お問合せ先は ↓ ↓ ↓
  【総本山金剛峯寺 大伽藍御供所】 電話0736-56-3215
◆ 本件に関する詳細は ↓ ↓ ↓
   http://www.koyasan.or.jp/news/mieku_osonae11.html


posted by べっぴん❶号 at 11:09| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

桜 〜蕾〜


今週末、高野山麓では・・・桜が見頃をむかえお花見日和かも〜かわいい

昨日、花まつり(仏生会)で訪れた金剛峯寺門前の“しだれ桜”。。。
遠くから見ると・・・まだ、単なるしだれた木ですが・・・わーい(嬉しい顔)
DSCN0367.JPG

DSCN0366.JPG

近づいて見ると・・・つつましく蕾をつけていましたよ。。。
寒い、寒い、極寒の冬を乗り越えて・・・今春、咲き誇る準備をしていますぴかぴか(新しい)
しばし、お待ちをかわいいわーい(嬉しい顔)かわいい
DSCN0373.JPG

2011年04月08日

祝・お釈迦様御誕生


本日午前9時00分より高野山真言宗 総本山金剛峯寺におきまして
お釈迦様の御誕生をお祝いする『仏生会(花まつり)』が執り行われました。

法会では式師と呼ばれる方が「仏生会講式」を奉読します。
これは物語のようになっており、お釈迦様の御誕生から涅槃(ねはん)までを
独特な節に乗せながら讃歎していきます。
法会は一般見学できません。
厳粛に行われる読経をふすま一枚向こうに聞きながら・・・
こちらは ↓↓↓ 法会にあわせ ふすまの外で同時にお経を唱える僧侶の姿・・・
IMG_6846.JPG

法会の後は、杉の葉で盛った「花御堂(はなみどう)」が一般参拝客の通る廊下に
お披露目されましたぴかぴか(新しい)
花御堂の真ん中にお釈迦様のお姿ぴかぴか(新しい)
こちらは、御誕生時のお姿と言われ お釈迦様の頂き(いただき)に「甘茶」を注いで
供養をする『灌木(かんぼく)』という作法で、ご参拝の方や本行事に参列した
高野山こども学園の園児らも一人一人がお釈迦様のお誕生をお祝いしました。。。
IMG_6918-2.jpg

私も甘茶を注いで手をあわせました・・・
IMG_6924.JPG

甘茶をかけるのは、お釈迦様が誕生された時に九匹の竜が産湯(うぶゆ)として
甘露(かんろ)の雨を降らせたという伝説にちなむと言われます。
花御堂はお釈迦さま誕生の地であるルンビニ園をあらわし、誕生仏はお釈迦さまが
お生まれになってすぐ七歩あゆまれて「天上天下(てんじょうてんげ)
唯我独尊(ゆいがどくそん)」と言われたそのお姿をあらわすのだそうです。

高野山寺族婦人会の皆様による お接待で・・・参詣者の皆さまにも
甘茶が振る舞われました。あまぁ〜く美味しくいただきました!(^^)!
DSCN0343.JPG








posted by べっぴん❶号 at 16:45| 高野山の行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

ゆるきゃら


ぽかぽか陽気 ♪♪♪〜
事務所の窓から見える梅の蕾が・・・一日一日と色を濃くしています。

さて、春と言えば・・・
桜まつりやお花見に。。。どの地域もイベントの多い時期ですね。。。
今年は、東日本大震災の影響より自粛されるイベントや行事も多いかと思います。
高野山でも毎年4月に開催のイベント[記念さくらの集い]を
今年は自粛中止するよう 3月下旬に決定しました。

そんな中、関西圏では、西から東を! そして日本全体を! 元気づけることはできないか。
和歌山県・仁坂吉伸知事は「変電の問題がなければ節電に意味はあるが、
意味のないことをしても仕方がないのでは。
やるべきイベントは実施し、どんどん生産、経済活動をすることが西日本には大切だ!」と
『中止せず粛々とやり、経済活動を盛んに』と呼び掛けているようです。

そう。関西から、和歌山から、伊都郡から、高野町から、高野山から元気発信!!!

そんな、こんなで・・・今日のブログは高野町周辺地域でイベントがある際に
みんなを笑顔に わーい(嬉しい顔) 盛上げて わーい(嬉しい顔)るんるん くれるだろうグッド(上向き矢印)
“ゆるきゃら”くん?ちゃん?達のご紹介ですハートたち(複数ハート)

まずは、わが町 高野山の人気者『こうやくん』 ↓↓↓
画像・詳細は こちら 次項有 http://www.koyasan.jp/kouyakun.html

高野山の玄関口:橋本市のちょっとワイルドな?きゃら・・・ひねきんぐ!
画像・詳細は こちら 次項有 http://www.konomise.com/hashimoto/hine/

高野町の麓:フルーツ王国かつらぎ町の美味しそうな^^;?可愛いきゃら・・・かき王子!
画像・詳細は こちら 次項有 http://www.katsuragi-kanko.jp/top/shoukaipage.html

紀の国・和歌山の人気もの・・・きのぴ〜!
画像・詳細は こちら 次項有 http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/071800/kinopikatudou.html

この周辺だけでも、いっぱいのヒーローがいるでしょ。
みんな子供たちに大人気だそうです。。。
地元バカですが^^; やっぱり『こうやくん』見てるだけで心が和むでしょ〜!!!
大人にも大人気、こうやくんファンいっぱいハートたち(複数ハート)
高野山観光協会では『こうやくんグッズ』もありますよぉ〜。。。







posted by べっぴん❶号 at 16:56| 知っ得情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

線香3本の意味


このブログを立ち上げて2ケ月が過ぎました。
嬉しく有難いことにアクセス数も増えてきました♪♪♪ 
高野山の情報や魅力を少しでも・・・一人でも・・・
多くの方に発信したいなぁ〜と始めたブログです。伝わってるかなぁ〜???

でも ブログを更新しようという気持ちが・・・私自身の勉強にもなって・・・
今まで知らなかった、というか・・・恥ずかしながら・・・何となく分っているつもり?の
中途半端な知識を、ブログでお伝えするからには具体的な内容や意味として
調べたり〜学びつつの日々更新になっております・・・(~o~)
高野山という土地柄、宗教に関連する記事も多いから
専門的、学問的なこと等々、お坊さんではないので(^^ゞ 素人知識で(^^ゞ
ご参考としてお付き合いくださいね(*^^)v 

さて、そんな毎日から 今日のブログタイトルは ある知合いの方との会話から・・・
『あっ!それ、ブログの記事にし〜よぉっと!』思ってたことを。
「お線香は なぜ3本立てるのか?」という話。
普通の会話のなかでのスラリと流れた線香3本の話だったから、
その時の会話に答えは出てこなかったけど。
それこそ知ってるようで あやふやな知識(^^ゞ
高野山に居るからには知っておかなければ exclamation×2 私なりに調べた答えを見つけました わーい(嬉しい顔)

宗派によって意味は様々です(立てる本数も宗派で違う場合が)。 ここでは真言宗で。

『お線香は なぜ3本立てるのか?』それでも幾通りかの説明がありました。
・弘法大師様へ1本、ご先祖様へ1本、本人のために1本。
・弘法大師様へ1本、大日如来様へ1本、ご先祖様へ1本。
・仏法僧に帰依(きえ)を意味して3本。
 ※ 帰依(意味:拠り所にする・神仏を信頼して尊び教えに心から従うこと)
 ※ 仏法僧・・・仏=仏 法=仏の説いた法と(のりと) 僧=仏法を行ずる僧または教団宣
・現在・過去・未来に各1本。

総合的に、3本の線香を供えるのは大日如来や弘法大師、当家先祖の各々に供えるという
気持ちももちろん大切だけど それだけで終わらない・・・仏法僧に帰依して日々正しく
生きていくことを表しているのだそうです。
1本でも2本でも5本でも誤りではなく、真言宗の修行は三密の修行であるから3本を
薦めているとも言われています。

★さらに知っておきましょう!!!

お通夜と49日の法要が済むまでは、一筋に成仏に向かう意味で線香は1本とされています。


ちなみに・・・お線香は、お祈り中にお迎えしている仏様を香でもてなすため。
ロウソクは1本。心に灯す智意です。

ちなみに、ちなみに・・・ロウソクの火はもらい火・他の人のろうそく火を使わず、自分の
持ってきたマッチかライターで灯明するのが正しい方法です。
(種火が有るときはこれを利用してもOK)

もう一回、ちなみに・・・線香を消すときは口で吹かずに、手であおいで消しましょう。
ロウソクも同じ。人間の口は とかく悪業を積みやすく けがれやすいものなので
仏さまに供える火を消すには向かないとされています。

知ってましたか? ちょっと、知ってて損はないでしょう〜?
日常の生活で常識として普通にしてる作法や習慣、見よう見まねでしてること、
意味を知らずにしているよりも、知ってすることで
その行動に『心』や『思い』が ついてくるような気がするのは私だけでしょうか揺れるハート


posted by べっぴん❶号 at 15:17| その意味?教えて! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

気温の差


昨日は朝起きたら・・・ビックリ! 雪で薄っすら白くなっていたたらーっ(汗)
だけど さすがに4月の雪は すぐに溶けてくれるので。。。
今日はすっかり天気です晴れ
ほんの30分ほど・・・車で下へ走れば春花が咲き乱れ・・・
公園近くでは、お花見に誘う提灯が飾られ・・・春モードを漂わせていると言うのに^^;

昨晩(4/3〜4/4)からの気温・・・
【高 野 山】最低気温マイナス3℃/最高気温 6℃までの見通し
【和歌山市】最低気温    4℃/最高気温14℃までの見通し

最低気温で7℃差&最高気温で8℃差!

その差は上着1枚。
その差は桜前線2〜3週間。

近隣市町村で満開を迎えるに近い梅。
今、高野山の梅は ↓ ↓ ↓ 蕾がほのかに開きだしたところ・・・

DSCN2001.JPG

紀の川周辺地域で6分〜7分咲きの桜。
今、高野山の桜は ↓ ↓ ↓ ようやく冬眠から目覚めた様子・・・

DSCN1998.JPG




posted by べっぴん❶号 at 14:02| 天気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

エイプリルフール


エイプリルフール (April Fool's Day) とは・・・
よく知っての通り、毎年4月1日には嘘をついてもよい、という風習のこと。
イギリスなどでは、4月1日の正午までに限るとも言い伝えられているらしい。

エイプリルフールの風習は、大正時代に西洋から日本に伝来。
由来は諸説あって正確な由来は未詳といわれているみたいで・・・
諸説の一部で有力とされている由来は「グレゴリオ暦導入説」なんだとか。
その昔、フランスでは、3月25日を新年として4月1日まで祭りを開催していたとかで・・・
しかし、1564年にフランス国王シャルル9世によってグレゴリオ暦が採用され、
1月1日が新年となった。
これに反発した人々が4月1日を「嘘の新年」として馬鹿騒ぎをするようになったのが、
エイプリルフールの起源と言われているそう。

又、インドでは春分から3月末日まで修行を行うが、終わるとすぐに迷いが生じる事から
4月1日を「揶揄節」と呼んでからかったという説もあるそうです。
古代の神話、聖書の話に基づくものといった説もあったり様々・・・

今日は高野山に全く関係のない記事になってしまったけど・・・わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
なんだか、今日はバタバタ・・・忙しい1日で『うそ』をつく暇もなかったわーい(嬉しい顔)


posted by べっぴん❶号 at 17:39| その意味?教えて! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。