2011年01月31日

高野豆腐のルーツ

精進3.700円.jpg

今日は高野山の精進料理を代表する“高野豆腐”のお話をひらめき
高野山には52ケ寺もの宿坊が建ち並び、宿坊では精進料理を召し上がっていただく事が出来ます。
野菜、穀物、海草等の食材豊な精進料理は、ヘルシーライフと言われる今にピッタリグッド(上向き矢印)
そんな、精進料理のなかに高野豆腐はかかすことが出来ない一品です。
凍み豆腐、凍り豆腐・・・地方によっては違う呼び方ですが。
『高野豆腐』と言われるだけあって、高野豆腐の故郷はこの高野山なんです目
耳むかし、むかし、お寺にはそれぞれ修行僧がいて、修行とともに食事の世話もしていました。
高僧覚海のもとに弟子入りした僧侶がある時、豆腐を夕食に使おうと雪が舞うなか買い物に出かけました。
豆腐を買った帰り道のこと、あまりに急いでいたせいか、白く深い雪にまぎれ気づかなかったのか、豆腐を落としていた事も分からず、帰ってビックリあせあせ(飛び散る汗)豆腐がないあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
僧侶はお師匠さんに怒られるむかっ(怒り)と今来た道を急いで探しに行こうとしたところ・・・
「もう日が暮れて暗いことだし、白い雪の上の白豆腐は探しにくいだろう。明日の朝にしたらどうだ。」と怒らずに覚海は言った。
翌朝、探し見つけた豆腐は寒さに凍ってしまいカッチカチに雪雪雪
そこで、覚海が「お湯でもどして食べてみようではないかひらめき」と知恵を授け試したところ、豆腐とは又一味違う旨みを発見したそうな・・・。耳
これが“高野豆腐”の誕生なんですってぴかぴか(新しい)
耕地が少なく、作物をつくる気象条件も良くない高野山にとってヘルシーな食物性タンパク質である大豆を使った保存食品の発明は極めて大きな恵みとなって、今や全国に名が知れわたっています手(チョキ)
posted by べっぴん❶号 at 11:32| 和歌山 ☀| 特産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

冬の高野山

今日も雪が降りました雪
今年の高野山は特別寒いあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
でも、木々や社寺、どこもここも雪帽子かぶって雪雪雪
凛と張りつめた冷たい空気のなか、ゆっくり静かに流れる時間・・・高野山の冬は神秘的ですぴかぴか(新しい)DSCN1771.JPG
posted by べっぴん❶号 at 15:13| 和歌山 ☀| 天気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。